劇場版「SHIROBAKO」 PR

劇場版「SHIROBAKO」特集|すべての働く人へエールを贈る、お仕事アニメの金字塔

P.A.WORKSのオリジナルアニメ「SHIROBAKO」は、架空のアニメ制作会社・ムサニこと武蔵野アニメーションを舞台に、アニメ業界で働く人々の姿をリアルに描いた群像劇だ。2014年10月から2015年3月にかけて放送されたTVシリーズは、「アニメ制作がよくわかるアニメ」としてアニメファンのバイブルとなったのみならず、一癖も二癖もある制作スタッフたちを時には鼓舞し、時には頭を下げながら渡り歩く制作進行・宮森あおいの姿や、あらゆる仕事に共通する人間関係の難しさを丁寧に描いたストーリーが、業界内外問わず多くの人から共感を呼んだ。

そんなTVシリーズの4年後を描くのが、2月29日に公開される劇場版「SHIROBAKO」。ナタリーでは公開を記念して、本作のプロデューサーであるP.A.WORKSの代表取締役・堀川憲司と、各方面のアニメ関係者との全4回にわたる対談企画を実施する。堀川曰く、「自分たちの状況がそのまま作品に反映される」という「SHIROBAKO」。それでは現在のアニメ制作を取り巻く状況とは、いったいどんなものなのか。本連載を通じて、映画への期待を膨らませてほしい。

P.A.WORKS 堀川憲司 対談4番勝負

第1回 P.A.WORKS 堀川憲司×MAPPA 大塚学
第2回 P.A.WORKS 堀川憲司×TRIGGER 大塚雅彦
第2回 P.A.WORKS 堀川憲司×サンジゲン 松浦裕暁
第4回 P.A.WORKS 堀川憲司×「なつぞら」アニメーション監修 舘野仁美 coming soon

予告編

キャラクター

上山高校アニメーション同好会

宮森あおい(CV:木村珠莉)
宮森あおい(CV:木村珠莉)

アニメーション制作会社・ムサニこと武蔵野アニメーション所属。TVシリーズではムサニにとって7年ぶりの元請作品「えくそだすっ!」で制作進行を務め、続く人気マンガ原作の「第三飛行少女隊」では制作デスクとして奔走した。明朗快活でいつも前向きな性格だが、壁にぶつかると人形のミムジーとぬいぐるみのロロが登場し、心の声を代弁する。大好物はドーナツ。

安原絵麻(CV:佳村はるか)
安原絵麻(CV:佳村はるか)

真面目で勤勉だが、少し引っ込み思案な性格のアニメーター。TVシリーズではキャリア1年半で動画から原画に昇格し、最終話で作画監督補佐に抜擢された。劇場版ではアニメーターとしても人としても成長。4年前より仕事をこなせるようになり、前に住んでいたアパートから引っ越している。

坂木しずか(CV:千菅春香)
坂木しずか(CV:千菅春香)

いつも元気で努力家な声優。赤鬼プロダクション所属。TVシリーズではなかなか仕事が決まらず思い悩んでいたが、終盤で「第三飛行少女隊」のルーシー役に抜擢される。劇場版では仕事も多くなり後輩もできている。

藤堂美沙(CV:髙野麻美)
藤堂美沙(CV:髙野麻美)

あおいたちの1年後輩で、向上心に溢れる3Dクリエイター。TVシリーズでは大手CG制作会社に入社するが、自分の目指す仕事とのギャップからスタジオカナブンに移籍し、「第三飛行少女隊」に3Dスタッフとして参加する。劇場版では後輩に指導する立場に。

今井みどり(CV:大和田仁美)
今井みどり(CV:大和田仁美)

あおいたちの2年後輩で、新人脚本家。語尾に「っす」とつける言葉遣いが特徴。好奇心旺盛で、好きなことに関してはとことん調査・追求し、のめりこんでいく性格。TVシリーズでは「第三飛行少女隊」の設定制作を任せられる。

宮井楓(CV:佐倉綾音)
宮井楓(CV:佐倉綾音)

ウエスタンエンタテイメントに所属するアシスタントプロデューサー。同社のプロデューサー・葛城剛太郎の部下で、クールビューティーだが秘めた情熱も併せ持つ。会社組織に振り回されることへのうっぷんが溜まっており、時々それを爆発させることも。

劇場版「SHIROBAKO」の進捗を振り返る!

イベントレポート集

劇場版『SHIROBAKO』制作会議(仮)vol.1
劇場版『SHIROBAKO』制作会議(仮)vol.2
劇場版『SHIROBAKO』公開製作委員会