コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

ヤマザキマリ、文芸誌papyrusで比較文化エッセイ新連載

13

発売中の文芸誌papyrus10月号(幻冬舎)にて、「テルマエ・ロマエ」で知られるヤマザキマリのエッセイ連載「望遠ニッポン見聞録」がスタートした。

「望遠ニッポン見聞録」は、イタリア、中東、ポルトガル、シカゴ、と長い間外国に居住しているヤマザキならではの視点で、日本と海外の文化を比較するエッセイ。第1回では日本人旅行客と海外の旅行客について書いた「幸福な日本人」と、古今東西のフィギュアで見る女性の胸の大きさについて書いた「巨乳MANGA」の2本を、イラストを交えて執筆している。

なお今号では、各界クリエイターがその人ならではの嗜好を語る連載「嗜好回路」に、浅野いにおが登場。気分転換に欠かせないというレゴブロックについての思い入れを語った。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー