荒木飛呂彦が至高の悪としてのDIO語る、「悪の研究」特集がkotobaで

15070

3月6日発売のkotoba2020年春号(集英社)では「悪の研究」と題した特集が組まれ、荒木飛呂彦へのインタビューが掲載される。

「至高の悪としてのDIOの存在」より。

「至高の悪としてのDIOの存在」より。

大きなサイズで見る(全2件)

kotoba2020年春号

kotoba2020年春号

悪の魅力や恐ろしさを考え、論じる「悪の研究」。荒木へのインタビュー「至高の悪としてのDIOの存在」では、「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するDIOを通し、荒木が敵役や悪役の重要性、創出方法について説いているほか、悪の根源にあるものなどについて語った。なお同号ではDIOが表紙を飾っている。

この記事の画像(全2件)

荒木飛呂彦のほかの記事

リンク

関連商品

(c)荒木飛呂彦 & LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社