コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「デジモン」“最後の物語”の舞台挨拶に声優陣が集結、20年の思いを語る

276

劇場アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」の公開記念舞台挨拶が、本日2月22日に東京・新宿バルト9で行われた。

舞台挨拶には選ばれし子どもたち役の花江夏樹細谷佳正三森すずこ田村睦心吉田仁美池田純矢榎木淳弥M・A・Oと、そのパートナーデジモン役の坂本千夏山口眞弓重松花鳥山田きのこ竹内順子櫻井孝宏松本美和徳光由禾、さらに田口智久監督の総勢17名が登壇した。まず田口監督が「今作は関わってくれたスタッフ1人ひとりが『デジモン』と向かい合って作った、ものすごい熱量のある素晴らしい作品になったと思っています。なので一度ならず二度三度と劇場に足を運んでいただければ」とアピール。そんな田口監督に対しガブモン役の山口が「監督は(TVシリーズを)観ていたとき、何歳だったんですか?」と問いかけると、「13歳」との回答が。これに対しアグモン役の坂本が「頑張りました。立派な大人になりました」と監督を称賛すると会場からは拍手が起こった。

メインキャスト全員がそろうのは最初で最後だという本日の舞台挨拶では、キャスト陣が順にマイクを持ち、映画やシリーズへの思いを熱弁。テイルモン役の徳光は「20年前、今一緒に登壇している皆さんと冒険が始まりました。そして『tri.』で大きくなったヒカリやみんなに会うことができました。20年間作り続けてくださった多くの皆さんと、キャラクターを大切にしてくれている出演者の皆さん、歌を歌い続けてくれているアーティストの皆さん、本当にたくさんの思いが詰まった作品です。こうして今日までテイルモンとして参加できたことを心からうれしく思っています」と喜びを語る。

台本を読んだ際、グッとくるシーンが多すぎて読むのに3日ほどかかったというパタモン役の松本は、「1回目はちょっと寂しい終わり方に見えるかもしれないけれど、二度三度観るとそこに希望が生まれ、涙の意味も変わってくるかもしれませんのでもしよかったらまた観に来てください」と呼びかける。ゴマモン役の竹内は「ゴマモンだよ! デジタルワールドにゴマモンはたくさんいるけど、丈のパートナーでいるのはオイラだけ! 後にも先にも過去にも未来にもオイラだけ! 」とゴマモンの声色で挨拶。当時気軽にオーディションを受けたというパルモン役の山田は「そのときはこんなことになるとはこれっぽっちも思ってなくて……。昔アニメを観ていた子供たちと一緒に『tri.』をやるとは思わなかったし、ボス(田口)も(アニメを)観てた子供たちで。本当に愛情を込めて込めて作った作品です。すっごい自信あります。これからもよろしくね!」と作品の出来栄えに自信をのぞかせた。

テントモン役の櫻井は太一とヤマトが酒を酌み交わすシーンにグッとくるものがあったと語り、「時間の流れを感じるというか。自分もひげを生やしておじさんになっちゃって」としみじみコメント。さらに櫻井は一番印象的だったシーンとして「ラスト近くで太一を見たアグモンが目を見開く瞬間」を挙げ、「あのシーンにすごく感動しました。僕が『デジモンアドベンチャー』という作品に対して思っているものと似ているのかなと。素晴らしい映画だと思います」と思いを述べた。

ピヨモン役の重松は「和田(光司)さんの『Butter-Fly』でグッとくるし、20年前『デジモンアドベンチャー』の音楽が随所にちりばめられているんです。映像も監督のこだわりがこだわり過ぎだよってくらいすごくて。ありがとうございますという気持ちです」と楽曲や監督への感謝を伝える。山口も「『Butter-Fly』がかかると一気にテンションが上がる。大人になっても音楽でワッてなれるっていうのはすごく貴重なことだと思います」と続け、「デジモンアドベンチャー」の“最後の物語”として企画された本作について「20年後にここまで続いているとは当時思わなかったです。希望を持っていたら次につながるのかなと思っていて、皆さんに観ていただけたら多分奇跡が起こるんじゃないかと私は信じています」とシリーズの今後について期待を寄せた。

そして坂本は「みんなの話を聞いていると、ここまで来た思いというのを強く感じています。『tri.』が始まってから1年に1回会って収録してもう6年。(TVシリーズ放送時に)デジモンを好きだった子供たちが選ばれし子どもたちの声優に選ばれて、本作でその愛情の深さ、思いの深さを改めて知ることができました。本当にいいチーム。こうしてここに集まることができることが本当にうれしいです。皆さんにその姿を見届けていただけたことにも感謝しています」と謝辞。八神太一役の花江は「自分自身もこの作品を通して精神的に成長できましたし、太一も『tri.』シリーズを通してパチンコ屋でバイトをしたり、エッチな本を呼んでたりして成長を感じます(笑)。逆にアグモンたちはずっと変わらずそこにいてくれることに安心感を覚えました。お母さんのような安心感で、最後も太一のことだけを考えてそっと背中を押してくれてるというところに『デジモン』の絆を強く感じています」と述べ、「僕は当時月のお小遣いは500円だったんですが、成長してお金が自由に使えるようになり、何回も映画を観に行けるし、グッズも自由に買えるようになりました(笑)。みなさんも余すところなく『デジモン』を楽しんていただければなと思います」とPRして舞台挨拶は終了した。

「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」

スタッフ

監督:田口智久
脚本:大和屋暁
総作画監督:立川聖治
スーパーバイザー:関弘美
キャラクターデザイン:中鶴勝祥
デジモンキャラクターデザイン:渡辺けんじ
アニメーション制作:ゆめ太カンパニー
製作:東映アニメーション

キャスト

八神太一:花江夏樹
石田ヤマト:細谷佳正
武之内空:三森すずこ
泉光子郎:田村睦心
太刀川ミミ:吉田仁美
城戸丈:池田純矢
高石タケル:榎木淳弥
八神ヒカリ:M・A・O
アグモン:坂本千夏
ガブモン:山口眞弓
ピヨモン:重松花鳥
パルモン:山田きのこ
ゴマモン:竹内順子
テントモン:櫻井孝宏
パタモン:松本美和
テイルモン:徳光由禾
本宮大輔:片山福十郎
一乗寺賢:ランズベリー・アーサー
井ノ上京:朝井彩加
火田伊織:山谷祥生
ブイモン:野田順子
ワームモン:高橋直純
ホークモン:遠近孝一
アルマジモン:浦和めぐみ
メノア・ベルッチ:松岡茉優
井村京太郎:小野大輔

(c)本郷あきよし・東映アニメーション

コミックナタリーをフォロー