“機械の母と娘の話”など、温かな絆を描いた江戸川治の作品集「マザー」

112

江戸川治の短編集「マザー」が、本日2月12日に発売された。

「マザー」

「マザー」

大きなサイズで見る(全5件)

表題作の「マザー」は、ガスマスクを付けた少女とロボットの“お母さん”の絆を描いたSF作品。江戸川が本作をTwitterで公開したところ、およそ10万リツイート、23万超のいいねを獲得した読み切りだ。そのほか胸に時限爆弾を埋められた囚人と看守の旅を描く「カウントダウン」、夢を食べる獏の女の子と悪夢ばかり見てしまう青年のせつない恋物語「苦い悪夢」、勇者に負けた魔王の“生首”を奴隷の少女が拾う「まおうの首」など、全6編の温かな物語が収録された。

この記事の画像(全5件)

江戸川治のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 江戸川治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。