コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

唐々煙がビジュアル手がける音楽朗読劇「MARS RED」2021年にTVアニメ化

1870

音楽朗読劇「MARS RED」が、2021年にアニメ化されることが明らかになった。

「MARS RED」は劇作家・演出家である藤沢文翁が原作、脚本、演出を担当し、メインビジュアルを唐々煙が手がける音楽朗読劇。2019年11月より唐々煙によるコミカライズが月刊コミックガーデン(マッグガーデン)にて連載されている。オリジナル朗読劇のTVアニメ化は初めて。アニメでは大正時代を舞台に、東京に潜む吸血鬼を取り締まる第十六特務隊、通称「零機関」の実行部隊の活躍を描く。

監督は羽多野浩平、シリーズ構成・脚本は「BLOOD+」の監督などで知られる藤咲淳一。キャラクターデザインは竹内由香里、音楽は村中俊之、音響監督は原作者の藤沢が自ら務める。またアニメーション制作はSIGNAL.MDが担当する。

「MARS RED」はアニメ化・コミカライズのほか、「MARS REDプロジェクト」として今後もメディアミックスを展開予定。併せて「MARS REDプロジェクト」のファンクラブ「第十六特務隊」も始動し、無料のメールマガジン登録で「隊員証」や「隊員番号」が付与される。そのほかさまざまな特典が用意されており、早く入会するほど優遇される。詳しくはプロジェクトのポータルサイトで確認を。

藤沢文翁(原作・音響監督)コメント

僕の原作のMARS REDがアニメとなり日本や世界へ飛び立つことになりました。
音楽朗読劇として産声をあげた本作が、唐々煙先生の絵で漫画化され、
アニメ化された事は新たなるメディアミックスの幕開けです。
また音響監督も担当することになり、音楽作曲には盟友の村中俊之氏!全てに感謝です!

唐々煙(キャラクター原案)コメント

アニメ化おめでとうございます!
藤沢朗読劇の中でもMARS REDはとくに設定やキャラ関係も多く、アニメで動くのを見てみたいと思っていたので、今からめちゃくちゃ楽しみです。
いろんな人が一丸となって作り上げているこの世界、その中にいさせてもらっていることを心から嬉しく思います。
見てね!

藤咲淳一(シリーズ構成・脚本)コメント

当初、今作への参加の打診を受けて思ったのは、朗読劇は言葉によって観客の頭に絵を描いていくもの。だからこそ「書く」ではなく脚本を「描く」ことを心がけました。魅力ある世界と人物たちが織りなす新しい舞台を文翁くんと一緒に作り上げました。お楽しみに。

村中俊之(音楽)コメント

アニメ化決定おめでとうございます!藤沢さんとたくさんの朗読劇を作り上げてきて遂にここまできました…一話一話に愛情と手間がすごいです笑 MARS REDめちゃくちゃ音楽かっこいいな?って言ってもらいたいです!褒められたい!!!笑 頑張ります…!

森下勝司(SIGNAL.MD 代表取締役社長)コメント

藤沢文翁さんと知り合った頃「いずれ藤沢さん原作の朗読劇をアニメ化できるといいですね」と話をして早幾年、ついにこの日を迎えることができとても嬉しく思います。このアニメ業界でも初と言っていい試みをどうぞ温かく応援、支えていただけますと幸いです。

TVアニメ「MARS RED」

2021年放送予定

スタッフ

原作:藤沢文翁
監督:羽多野浩平
シリーズ構成・脚本:藤咲淳一
キャラクター原案:唐々煙
キャラクターデザイン:竹内由香里
音響監督:藤沢文翁
音楽:村中俊之
アニメーション制作:SIGNAL.MD

(c)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会

コミックナタリーをフォロー