コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

女性セブンで女性が選んだマンガ77作、サイバラ大研究も

28

本日8月5日に発売された女性セブン29号(小学館)では、「この夏はコミックにどっぷり 407人が選んだ名作77」と題したマンガ特集が展開されている。

特集では20代から50代の女性400人と書店員へのアンケートを取り、「恋愛の一冊」「感動の一冊」「ちょっとHな気分になりたい大人の一冊」などジャンルごとにランキング化。また好きなマンガ家ランキングを世代別に発表。20代では高橋留美子、30代・40代では一条ゆかり、50代では手塚治虫が1位となり、総合では一条ゆかりが1位に輝いた。

またドラマも好評放送中の「ホタルノヒカリ」で知られるひうらさとるへのインタビューを実施。子育てに奮闘しながら執筆を続ける毎日について「朝9時から夕方6時まで、普通の主婦と同じ時間軸でご飯やお風呂に入ることが新鮮」と語った。

さらに同号では「笑えるけどせつないサイバラWorld」と題し西原理恵子の人物像を大研究。担当編集者や西原と親しい人物の証言を交えながら、両親の離婚と再婚、義父の自殺、夫のアルコール依存症などその波瀾万丈な半生を徹底的に紹介している。

コミックナタリーをフォロー