コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「地獄少女」玉城ティナの頼もしさを監督が賞賛、三藁2人にはエゴサの結果報告

66

実写映画「地獄少女」公開記念舞台挨拶の様子。左から藤田富、大場美奈、仁村紗和、森七菜、玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、白石晃士監督。

実写映画「地獄少女」公開記念舞台挨拶の様子。左から藤田富、大場美奈、仁村紗和、森七菜、玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、白石晃士監督。

実写映画「地獄少女」の公開記念舞台挨拶が、本日11月16日に東京・新宿バルト9で開催された。

イベントには閻魔あい役の玉城ティナ、骨女役の橋本マナミ、一目連役の楽駆、市川美保役の森七菜、南條遥役の仁村紗和、御厨早苗役の大場美奈SKE48)、魔鬼役の藤田富白石晃士監督が登壇。本作の公開を昨日迎え、玉城は「ホッとした気持ちです。SNSでも感想が届いていまして、受け取る方次第で感じることが違う映画なんだなと改めて思いました」と心境を語る。

あいの使い魔である“三藁(さんわら)”の骨女を演じた橋本は「『地獄少女』はアニメがすごく人気なので、『骨女は誰がやるの?』『橋本マナミかあ……!」って少し賛否があったんです。それを監督に伝えたら『大丈夫だから! 期待を裏切らないようにするから』とおっしゃってくださって。公開して1日経ちますが、今のところ批判は届いていないのでよかったなと思ってます」と笑顔に。白石監督も「俺もTwitterですごいエゴサーチしてるんですけど、骨女への批判はないです!」と安心させる。しかし今度は、橋本と同じく三藁の一目連を演じた楽駆が「俺には批判があるみたいな言い方でしたね」と心配そうに。白石監督は「ないないない!(笑)」と必死でフォローを入れた。

そんな楽駆はビジュアルの再現度が高いとネットなどで話題になっていたが、本人の耳には入ってこなかったそう。「原作が人気なのでプレッシャーでした。原作では三藁とあいの間にファミリー感があるんですが、映画ではそこを出すと締まらないんじゃないかと思って。そしたら台本もそうだったので、『地獄少女』のいい部分が出ていると思いました」と、映画ならではのあいと三藁の関係性に触れる。

女子高生役だった森は「『地獄少女』というタイトルなだけあって、今日も8人中3人が妖怪役という(笑)。私が皆さんにとって一番共感できる役になれればと思って、“普通さ”を大事にしていました」と役づくりのうえで心がけたことを明かす。そんな森と、彼女が演じた美保の親友役だった仁村。2人は実際に撮影現場でも仲良しだったそうで、仁村は「年の差があるんですけど、それを感じさせないくらいたくさんしゃべったね。七菜ちゃんがすごく話に笑ってくれるので、私が面白い人になったような気分になれるんです(笑)」と話す。森も「もう思い出すだけで笑えちゃう!」とクスクス笑い、ほほえましいやり取りを見せた。

2016年公開の映画「貞子vs伽椰子」で玉城とタッグを組んでいた白石監督は、玉城について「本当に素晴らしい役者さんになられていたので、今回は演技の内容に関してほとんどお任せでした」とコメント。玉城は「何も言われなさすぎて不安でした(笑)。監督も淡々と『OKでーす。じゃあ次』みたいな感じで進めていくので『私、嫌われてるのかな?』と思いましたが、そう思っていただけてたならうれしいです」と返すと、白石監督は「いやいや、本当に頼もしい役者さんでした」と賞賛する。また玉城からは「いっぺん死んでみる?」といった決めのシーンについて、「セリフを言っているときにまばたきをしていないんです。でもカットがかかるまでにどんどん目が乾いていって、コンタクトだったので視点も合わなくなっていくんですよ。だから実はあのセリフは、すっごいモヤっとした世界の中で言ってました(笑)」と裏話も飛び出した。

最後に玉城が、キャストを代表して挨拶。「怖いだけではなくて、描かれているのは人間の普遍的なことです。恨む気持ちというのはきっと何千年も続いているんだろうなと思うと、不思議な気持ちになったりとか、観たあとに考えさせられる作品になっています」と述べ、イベントは幕を閉じた。

(c)地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会 製作:映画『地獄少女』製作委員会

コミックナタリーをフォロー