コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

神谷浩史が怪人二十面相に!?乱歩原案の実写映画に声の出演、高杉真宙に妖しく囁く

1666

実写映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」に登場する怪人二十面相の声を、神谷浩史が演じていることが明らかになった。

江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案とした本作。明智小五郎の弟子・小林芳雄のひ孫である小林芳狼が、怪人二十面相にまつわる自らの宿命と向き合うさまが描かれる。このたび神谷からはコメントが到着。芳狼役の高杉真宙や、芳狼の親友・ワタリ役を演じる佐野岳との初共演について「とても嬉しい!」と喜びを露わにした。さらに映画の第2弾予告映像も解禁。映像では芳狼に妖しく囁く怪人二十面相の声を聞くことができる。

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は監督を映画「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」の芦塚慎太郎が、脚本を芦塚監督とTVアニメ「プリティーリズム・オーロラドリーム」をはじめ、さまざまなアニメ作品のシリーズ構成を手がける赤尾でこが担当。怪人二十面相を天野喜孝がデザインした。映画は10月25日に東京・新宿バルト9および渋谷TOEIほかにて全国順次公開される。

神谷浩史(怪人二十面相役)コメント

少年探偵団の中で、とりわけ妖しい魅力を放っている二十面相の声をこの僕に任せていただけるとは!そして個人的には高杉真宙くんや佐野岳くんと共演できてとても嬉しい!芦塚監督が生み出したNEOの名に相応しい、新しい二十面相にお力添いできるよう精一杯アフレコさせていただいたので、劇場に足を運んでいただけると有り難いです!

映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」

2019年10月25日(金)より新宿バルト9および渋谷TOEIほかにて全国公開

原案:江戸川乱歩「少年探偵団」シリーズ
監督:芦塚慎太郎
脚本:赤尾でこ、芦塚慎太郎
出演:高杉真宙佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、神谷浩史(声の出演)、佐藤二朗、丸山智己
音楽:丸山漠(a crowd of rebellion)
製作:PROJECT SBD-NEO
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
VFXプロダクション:白組
怪人二十面相デザイン:天野喜孝
宣伝:MUSA
配給:coyote
配給協力:アーク・フィルムズ

(c)2019 PROJECT SBD-NEO

コミックナタリーをフォロー