コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ファイルーズあい、「ケンガンアシュラ」岸監督の背筋に「よ、背中にクリスマスツリー!」

215

サンドロビッチ・ヤバ子が原作を務める「ケンガンアシュラ」と「ダンベル何キロ持てる?」の同時アニメ化を記念したコラボイベントが、去る8月22日に東京・Loft9 Shibuyaで開催された。

「サンドロビッチ・ヤバ子作品、同時アニメ記念!『ケンガンアシュラ』vs『ダンベル何キロ持てる?』 ~筋願仕合 アンタもデカいバルクかい?~」と題された今回のイベントには、サンドロビッチ・ヤバ子、両作品の立ち上げから関わる担当編集の小林翔氏、「ダンベル何キロ持てる?」で紗倉ひびき役を務めるファイルーズあいが出演。イベント後半ではサプライズゲストとして「ケンガンアシュラ」の岸誠二監督や十鬼蛇王馬役の鈴木達央、理人役の金子隼人も加わり両作品や筋肉にまつわるトークを繰り広げた。

イベントは二部制で、前半は「ダンベル何キロ持てる?」、後半は「ケンガンアシュラ」が4択クイズに沿って紹介されていく。クイズではファイルーズの原作愛が炸裂。「アニメ第1話でひびきが食べていないものは?」という問いではひびきがステーキを食べているのは2話だと見抜き、「奏流院朱美がアニメ3話で作ってきた弁当のカロリーは?」と問われると、弁当のおかずをすらすらと言い当てていき「原作ではなかった焼き鮭がアニメで追加された」と解説までしてみせる。

また「原作で『ダンベル』『ケンガン』両方に登場したキャラクターの内、アニメ『ダンベル』に登場しないのは?」という問題では、ヤバ子が「権利関係で出ないんじゃないか」と訝しんだモッキーが話題に。同キャラクターがアニメ「ダンベル何キロ持てる?」に登場することが明らかになると、ファイルーズは「『あの方がモッキーのために来てくれたの?』と驚くような声優さんが来てくれた」と期待を煽った。

そうしたクイズの合間には原作の裏話も語られていった。ヤバ子と小林氏によると、「ダンベル何キロ持てる?」のプロトタイプでは「奏流院さんの華麗なる筋トレ」というタイトルで朱美が主人公だった。しかし読者の視点になるキャラクターを入れようと決まり、現在の主人公であるひびきが作られたという。

後半の「ケンガンアシュラ」パートは「ファイルーズあいが一番好きなタイプのキャラクターは?」という問題からスタートする。ここでも彼女は正解として画面に登場した英はじめに投げキスを飛ばし、「英はじめはキャラクターとして好き。王馬は男として好き」と宣言。さらに1月に開催された「ケンガンアシュラ」先行上映会に1ファンとして参加した思い出を語るなど、随所で原作への愛を滲ませた。

続くオープニングアニメに関するクイズの最中には、ステージに監督の岸誠二が登場。監督が作品へのこだわりを語っていると、ドリンクをこぼしたため自然と上着を脱ぐ流れに。すると上半身裸になった彼はステージの前面に立ち、1年半のトレーニングで鍛え上げた筋肉をアピールするためにポージングを連発。その見事な肉体美に、ステージ上のファイルーズからは「よ、背中にクリスマスツリー!」などと歓声が飛んだ。

筋肉へのこだわりが強い面々が揃ったためか、「ケンガンアシュラ」パートにも関わらずクイズは筋肉やトレーニングに関する「キンニクイズ」へと突入する。「脂肪の燃焼を助ける効果があるサプリは?」「上腕二頭筋に効かせたいトレーニングで一番効果的なのは?」といった問いが連続する中、岸監督がさらなるゲストを呼び込むと十鬼蛇王馬役の鈴木達央が登壇。Twitterでイベントの存在を知って急遽駆けつけたというサプライズゲストの登場に会場は騒然とした雰囲気に。

そのままトークに加わった鈴木は、アニメ化前から原作が好きという思いを演技に乗せたかったとこだわりを語る。それに応えて岸監督は「特に最終話付近はすさまじかった。1話分の収録が終わると本当に1試合が終わったのと同じくらい汗びっしょり」と鈴木の収録の様子を明かす。

ほかにも格闘技を扱うアニメとして、完成度を高めるために行った壮絶なエピソードが飛び交う。王馬ら闘技者のアクションモデルとなる映像を作るため小林氏は制作会社の会議室でプロの格闘家と幾度となく撮影に臨み、鈴木は攻防時の息遣いを知るために小林のミットを受け、家で何度もクッションを殴る。さらに関林ジュン役の稲田徹は、劇中で食らう攻撃を体感するため実際に力士の張り手を受けて吹き飛ぶ。矢継ぎ早に披露されていくそうしたエピソードに、岸監督は「最高に泥臭い現場だった」と笑顔で振り返った。

最後の抽選会の前には、会場に来ていた理人役の金子隼人も飛び入り参加。若手ながらベテランに対しても臆さず話しかけ、片原鞘香役の平田真菜と共にアフレコ現場の雰囲気を支えたと鈴木から感謝され、岸監督からも「独特の声」と称賛されるも、イベントステージ初登壇という金子は身を振るわせ恐縮しっぱなし。抽選会はそんな彼のいじられ体質や、抽選が観客の1人だったヤバ子の妻に当たるというミラクルなどで大盛況に。その雰囲気に当てられ上機嫌の出演者6人はステージ上で急遽チェキを撮り、プレゼントする場面も。その後、ヤバ子が両作品へのさらなる応援を求める挨拶を行い、熱気と筋肉愛に満ちたイベントは終了した。

コミックナタリーをフォロー