コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ゾンビランドサガ」初佐賀ライブ、続編発表に衣川里佳「ゆうぎり回あるかな?」

960

TVアニメ「ゾンビランドサガ」のライブイベント「ゾンビランドサガLIVE ~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA」が、本日7月27日に佐賀・ふるさと会館アルピノで開催された。

最終話内のライブ会場を舞台とした本イベントには、フランシュシュから源さくら役の本渡楓、二階堂サキ役の田野アサミ、水野愛役の種田梨沙、紺野純子役の河瀬茉希、ゆうぎり役の衣川里佳、星川リリィ役の田中美海の6人が出演。佐賀県知事の山口祥義氏によるビデオメッセージが終わると、気合いの入った特攻服姿のメンバーがステージに登場。田野をセンターに「特攻DANCE~DAWN OF THE BAD~」でライブをスタートさせる。自己紹介のMCを挟み、7人目のメンバー・山田たえの首が描かれたボールが会場に投げ込まれたことをきっかけに始まったのは、本渡と田野による「DEAD or RAP!!!」。衣川の三味線と田中の合いの手をバックに、2人のラップバトルが展開した。

その後、5話でガタリンピックのインタビュアー役を務めた方言監修の藤野真梨亜をMCに迎えて、クイズコーナー「フランシュシュみんなで“佐賀の名産品”をおらぼう」が始まる。アイス「ブラックモンブラン」の名前の由来、和洋折衷の銘菓「さが錦」の“洋”を構成する菓子、「イカスミサイダー」のパッケージに紺野純子が採用された理由、おつまみセット「古伊万里浪漫」での一番人気を当てるクイズを通じて、「ゾンビランドサガ」とコラボレーションした名産品が紹介されていく。

オープニングテーマ「徒花ネクロマンシー」でライブが再開すると、アニメの映像を交えながら劇中の挿入歌が立て続けに披露されていく。ライブ中には劇中のトップアイドルグループ・アイアンフリルの詩織を演じた徳井青空のビデオメッセージから、彼女らの楽曲「ゼリーフィッシュ」のライブの上映も行われた。そしてフランシュシュの「ヨミガエレ」でラストスパートへ。曲中、モニターに映る本編映像が会場崩壊シーンに差し掛かると同時に、ステージ上も暗転してライブが中断する。しかし観客の拍手と声援を受けてメンバーがアカペラで歌いながら立ち上がるという最終話の名シーンを聖地・アルピノで完全再現して曲を完走。続いてエンディングテーマ「光へ」でしっとりと本編を締めくくった。

アンコールで「徒花ネクロマンシー」のイントロと共に登場したのは佐賀県出身の江頭2:50。キレキレのダンスで観客のボルテージを一気に引き上げた彼は、「エガ!」コールを受けながら「お前ら、この映像を観ろ!」と続編発表のムービーをスタート。映像内で佐賀県出身の俳優・白竜による演説を通じて続編「ゾンビランドサガ リベンジ」の制作とティザービジュアルが発表されると、ファンからは大きな歓声があがる。一方のメンバーは衝撃的な発表に戸惑いを隠せない様子で、本渡は「『リベンジ』って何?」、田野は「(ティザービジュアルの)巽幸太郎の格好は何?」と漏らしていた。

最後のMCでは、1期でメインとなるエピソードがなかった衣川が「続編……ゆうぎり回あるかな?」と切り出して笑いを誘うと、河瀬や種田は涙を浮かべながら佐賀に来られた喜びを感慨深そうに語る。本渡は名古屋の実家に帰った際に「普段は無愛想でクール」という弟と「ゾンビランドサガ」8話までを一緒に鑑賞し、さらに翌日その続きをせがまれたというエピソードで、本作の魅力を改めて実感したと明かす。全員がMCを終えたところで田中の「ちょっと待った! あと1曲歌おうよ!」という提案があり、観客も含め全員で「徒花ネクロマンシー」を大合唱。最後はフランシュシュメンバー全員の「佐賀!」の呼びかけに観客が「おっはようございまーす!」と応え、最終話終盤の再現でライブは幕を下ろした。

「ゾンビランドサガLIVE ~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA」セットリスト

01.特攻DANCE~DAWN OF THE BAD~
02.DEAD or RAP!!!
03.徒花ネクロマンシー
04.アツクナレ
05.目覚めRETURNER
06.To my Dearest
07.ヨミガエレ
08.光へ
09.FLAGをはためかせろ!
10.徒花ネクロマンシー

(c)ゾンビランドサガ製作委員会 (c)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー