期待の俊英KUJIRAの初期作品4冊、一迅社から一挙刊行

4

KUJIRAの単行本未収録作品を集めた「群青世界」と、初期の作品「なんどもなんども恋をする」「もどかしき恋の日々」「セカンドストリップ」それぞれの新装版が、本日6月25日に一迅社より4冊同時に発売された。

KUJIRA「群青世界」

KUJIRA「群青世界」

大きなサイズで見る(全4件)

「群青世界」には、The デザート(講談社)に掲載された読み切り「クーポンの王子様」「となりのひと」「1R~恋人たちの部屋~」を収録。新装版として発売された「なんどもなんども恋をする」は、2005年に松文館より発売されたKUJIRAの初単行本で、「もどかしき恋の日々」は10代の恋愛を赤裸々に描いた短編集だ。またストリップの世界で生きることになった少女を描いた「セカンドストリップ」は、2006年に講談社より単行本が発売されていた。

KUJIRAは現在コーラス(集英社)にて「よっつの季節」を、フィール・ヤング(祥伝社)にて「ちよこチョコレート」を連載中。2009年に発売された単行本「ワールドエンドゲーム」で、ひそかに注目を集めていた。

この記事の画像(全4件)

KUJIRAのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 KUJIRA の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。