コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

死体専門の探偵描く新連載がモーツーで、諸星大二郎「西遊妖猿伝」連載再開

98

「四ノ宮小唄はまだ死ねない -BORDER OF THE DEAD-」扉ページ。(c)大槻涼樹・りいちゅ/講談社

「四ノ宮小唄はまだ死ねない -BORDER OF THE DEAD-」扉ページ。(c)大槻涼樹・りいちゅ/講談社

大槻涼樹原作によるりいちゅの新連載「四ノ宮小唄はまだ死ねない -BORDER OF THE DEAD-」が、本日6月22日発売のモーニング・ツー8号(講談社)にてスタートした。

「四ノ宮小唄はまだ死ねない -BORDER OF THE DEAD-」は、「“生”同一性障害」と呼ばれる法的に死んでいる存在を描く物語。死体専門の探偵・有坂エルとその助手・四ノ宮小唄は、刑事の腑貌とともにある殺人事件の現場に向かうが……。

そのほか今号では、諸星大二郎「西遊妖猿伝 西域篇」が約4年半ぶりに連載再開。また島田虎之介「ロボ・サピエンス前史」と、北郷海「ご恩は一生忘れません」は最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー