コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

雲田はるこ「幽霊画展」でトーク&サイン会、金原亭馬玉の「死神」披露も

641

「幽霊画展」メインビジュアル

「幽霊画展」メインビジュアル

8月1日から31日まで東京の谷中にある寺院・全生庵で、「幽霊画展」と題した企画展が開催される。8月3日に行われる同展の関連イベント「幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛」に、雲田はるこがゲストとして登壇することが決定した。

「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など多くの名作落語を手がけた三遊亭圓朝が、怪談創作の参考に収集していたという幽霊画を展示する本展。関連イベントでは雲田と全生庵住職のトークセッションに加え、雲田のサイン会が開催される予定だ。詳細は追って、本展の特設サイトで発表される。

また関連イベントには、落語家の金原亭馬玉が登壇。圓朝がこれほどまでに幽霊画をコレクションした理由や、なぜ落語には幽霊がよく登場するのかといったことを通し、人々が幽霊に見た意味や、そこから受け取った“生”への学びを考えていく。また馬玉は落語「死神」も披露。さらに全生庵住職による幽霊画の解説も行われる。定員は100名。参加希望者はPeatixにて、7月19日までに申し込もう。

幽霊画展

会期:2019年8月1日(木)~31日(土)
時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
場所:全生庵
料金:500円

幽霊の怨返し ― 落語にみる情愛

日時:2019年8月3日(土)15:30開場、16:00開演、18:00終了
料金:3000円(幽霊画展拝観料込)
定員:100名

コミックナタリーをフォロー