コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ヒロアカ」三木眞一郎との共演に、事務所後輩の三宅健太が浮かれる

3220

左から三木眞一郎、山下大輝、三宅健太。

左から三木眞一郎、山下大輝、三宅健太。

堀越耕平原作によるTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」の上映会「『僕のヒーローアカデミア』第49話『ワン・フォー・オール』放送1周年記念ヒーローデーSPイベント」が、本日6月16日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。

オールマイトとオール・フォー・ワンの死闘が繰り広げられた、アニメ第49話「ワン・フォー・オール」の放送から丸1年を記念して行われた本日のイベント。会場では第49話と、デクと爆豪の戦いを描いた第61話「デクvsかっちゃん2」の計2話を上映した。

上映後には緑谷出久役の山下大輝、オールマイト役の三宅健太によるトークショーも実施。三宅は2018年6月16日の第49話放送日に、オール・フォー・ワン役の大塚明夫とトークイベントを行ったことを振り返り、「あのときは収録した直後ということもあり、自分の気持ちが昂ぶっていたんですが、今回改めて観て自分で言うのも何だけど、『オールマイトかっけえな』って思いました」とコメントする。一方、爆豪が「自分と戦え」とデクを呼び出したことから、2人のバトルが始まる「デクvsかっちゃん2」について、山下は「このシーンは最初、デクの我とかっちゃんの我のぶつかり合いだと考えていたんですが、実はそういうことではないんじゃないかと思ったんです。かっちゃんの中で『どうしたらいいんだ』という気持ちが溢れ出してしまった。それに気づいたデクが真正面からぶつかっていく話だなと」と分析した。

その後会場では「僕のヒーローアカデミア」第4期の新キービジュアルや、PVなどが公開され、サー・ナイトアイ役を務めることが発表された三木眞一郎がサプライズで登場した。すでにアフレコにも参加しているという三木は、「(サー・ナイトアイはプロ)ヒーローなので、(ヒーロー志望の)みんなと一緒の演技ではダメだし、憧れられる存在としていないといけない。みんなの演技に自分を持っていかれそうになるのを必死で抑えています(笑)」とコメント。すると同様にプロヒーローという役どころの三宅は「すげえわかります」と頷いた。

最後に三木は「この作品でサー・ナイトアイと出会わせていただいたことに感謝しています。放送まではちょっと時間がありますが、心待ちにしていただいて、どっぷり浸かっていただければと思います」と観客にアピール。事務所の先輩でもある三木との共演についての喜びを終始口にしていた三宅を見て、山下は「こんなにキラキラした少年のような三宅さんが見られるのは4期だけです(笑)。4期はこれまでの『ヒロアカ』とはまた違った空気の中で物語が繰り広げられていくので、楽しみにしてください」と呼びかけた。

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期は10月12日より毎週土曜17時30分に、読売テレビ・日本テレビ系で放送される。

(c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

コミックナタリーをフォロー