コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ヒロアカ」劇場版の発表に山下大輝ら大盛り上がりも、石川&梶「出番あるかな」

5401

堀越耕平原作によるTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のステージイベントが、東京・東京ビッグサイトにて開催されている「AnimeJapan 2019」にて、本日3月23日に行われた。

イベントには緑谷出久役の山下大輝、爆豪勝己役の岡本信彦、麗日お茶子役の佐倉綾音、飯田天哉役の石川界人、轟焦凍役の梶裕貴が登壇し、朗読劇を実施。アニメ第3期で出久と爆豪がケンカをした罰として寮の清掃を命じられたシーンを軸に、1期・2期を含む5人の過去の名場面を振り返っていく形でエピソードは進行した。

朗読劇後の告知コーナーではサプライズで劇場版新作の制作が発表に。登壇者も制作を知らされていなかったことから大盛り上がりするも、堀越による劇場版制作の記念イラストに出久と爆豪、オールマイトしか描かれていないことから石川や梶は「俺ら出番あるかな」と不安げな表情を浮かべた。

劇場版「僕のヒーローアカデミア」の新作は今冬公開。監督は長崎健司、脚本は黒田洋介、キャラクターデザインは馬越嘉彦、音楽は林ゆうきが務め、アニメーション制作はボンズが担当する。ステージの最後に山下は「(劇場版の発表は)予期していなかったので、びっくりしましたが、それだけ期待を背負っている作品なんだなというのを改めて感じました。おそらく4期と並行しての制作になると思うので、スタッフさん一緒に頑張っていきましょう!」と挨拶した。アニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期は10月より放送される。

※記事初出時、登壇者名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE(仮題)」

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

コミックナタリーをフォロー