コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

じんと佐藤大がタッグ、音楽×アニメ掛け合わせたプロジェクト「LISTENERS」始動

257

「カゲロウプロジェクト」のクリエイター・じんと、「交響詩篇エウレカセブン」シリーズの脚本家・佐藤大がタッグを組み、音楽とアニメを掛け合わせたプロジェクト「LISTENERS」を始動させることが明らかに。このたび本プロジェクトのティザービジュアルが公開された。

“音楽”と呼ばれるものが存在しない世界に、ロックミュージックが渦を巻かせる「LISTENERS」。物語は1人の少年と、身体にインプットジャックが空いたミステリアスな少女・ミュウの出会いから始まる。ロック史に残る伝説を織り交ぜながら、2人の旅路が描かれていく。

ティザービジュアルには、ギターのようにケーブルをインプットジャックに挿入されたミュウの姿が。彼女がアンプにプラグインされるとき、世界を変える”何か”が動き始めるという。なお本ビジュアルは、キャラクター原案のpomodorosaによって描かれた。

また6月10日発売の月刊ニュータイプ7月号(KADOKAWA)では、「LISTENERS」の特集を展開。じんと佐藤、プロデューサーを務めるスロウカーブの橋本太知による鼎談が行われ、プロジェクト立ち上がりの経緯やコンセプト、世界観について語られている。

「LISTENERS」

スタッフ

原案:1st PLACE
原作:1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders
ストーリー原案:じん、佐藤大、橋本太知
キャラクターデザイン:pomodorosa

(c)1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS 製作委員会

コミックナタリーをフォロー