コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「奇子」メインビジュアル、五関晃一が黒い眼帯姿で登場

1387

手塚治虫原作による舞台「奇子」のメインビジュアルが公開された。

「奇子」は敗戦直後の東北の農村地帯で、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと、恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた少女・奇子を中心とした物語。一族の体面を保つため土蔵の地下室で育てられた奇子は、性に対して奔放な美しい女へと成長し世に出ていく。このたび到着したメインビジュアルには主演の五関晃一扮する天外仁朗が、トレンチコートを羽織り、右目に黒い眼帯を着けた姿で登場した。

舞台は7月14・15日に茨城・水戸芸術館ACM劇場でプレビュー公演が行われ、7月19日から28日にかけて東京・紀伊國屋ホール、8月3・4日に大阪・サンケイホールブリーゼで上演。東京・大阪公演のチケット一般発売は、5月18日にスタートする。

舞台「奇子(あやこ)」

原作:手塚治虫
上演台本・演出:中屋敷法仁
企画協力:手塚プロダクション

キャスト

天外仁朗(次男):五関晃一A.B.C-Z
天外伺朗(三男):三津谷亮
下田波奈夫(刑事):味方良介
奇子:駒井蓮
天外すえ(長男の妻):深谷由梨香
天外志子(長女):松本妃代
おりょう:相原雪月花
山崎(親戚の医師):中村まこと
天外市朗(長男):梶原善

水戸公演

期間:2019年7月14日(日)~15日(月・祝)
会場:水戸芸術館ACM劇場
料金:S席7000円、A席6000円、B席3500円

東京公演

期間:2019年7月19日(金)~7月28日(日)
会場:紀伊國屋ホール
料金:8500円

大阪公演

期間:2019年8月3日(土)~8月4日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ
料金:8500円

コミックナタリーをフォロー