コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫「奇子」舞台化!A.B.C-Zの五関晃一主演、台本・演出は中屋敷法仁

516

手塚治虫「奇子」が舞台化。7月14・15日に茨城・水戸芸術館ACM劇場でプレビュー公演が行われ、7月19日から28日にかけて東京・紀伊國屋ホール、8月3・4日に大阪・サンケイホールブリーゼでも上演される。

舞台の上演台本・演出は中屋敷法仁が手がけ、主演はA.B.C-Z五関晃一に決定。天外仁朗役を演じる五関は「仁朗の狂気の中にある愛や絆をしっかり演じきれるよう頑張っていきます」とコメントしている。また天外伺朗役で三津谷亮、下田波奈夫役で味方良介、奇子役で駒井蓮、天外すえ役で深谷由梨香、天外志子役で松本妃代、おりょう役で相原雪月花、山崎役で中村まこと、天外市朗役で梶原善が出演する。

「奇子」は敗戦直後の東北の農村地帯で、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた不遇の少女・奇子を中心に展開する物語。一族の体面を保つため土蔵の地下室で育てられた奇子は、性に対して奔放な美しい女へと成長し世に出ていく。

五関晃一(A.B.C-Z)コメント

初めて原作を読んだ時、「本当に手塚さんの作品なのかな?」と思うくらい生々しくリアルな人間模様に驚きました。
そんな「奇子」という作品が舞台でどう表現されるのか、個人的にも今から楽しみです。
仁朗の狂気の中にある愛や絆をしっかり演じきれるよう頑張っていきます。

中屋敷法仁コメント

五関晃一さんが身にまとうミステリアスな雰囲気が舞台版「奇子」には必要でした。
パフォーマーとしての底力はもちろん、憂いをたたえた表情や瞳に宿る強い信念など、
五関さんのすべての魅力が「奇子」の世界をさらに濃密なものにしてくれると期待しています。
五関さんの生身の心と体が舞台空間で躍動する姿、どうぞお楽しみに!

舞台「奇子(あやこ)」

原作:手塚治虫
上演台本・演出:中屋敷法仁
企画協力:手塚プロダクション

キャスト

天外仁朗(次男):五関晃一A.B.C-Z
天外伺朗(三男):三津谷亮
下田波奈夫(刑事):味方良介
奇子:駒井蓮
天外すえ(長男の妻):深谷由梨香
天外志子(長女):松本妃代
おりょう:相原雪月花
山崎(親戚の医師):中村まこと
天外市朗(長男):梶原善

水戸公演

期間:2019年7月14日(日)~15日(月・祝)
会場:水戸芸術館ACM劇場
料金:S席7000円、A席6000円、B席3500円

東京公演

期間:2019年7月19日(金)~7月28日(日)
会場:紀伊國屋ホール
料金:8500円

大阪公演

期間:2019年8月3日(土)~8月4日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ
料金:8500円

コミックナタリーをフォロー