コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「キンプリ」蒼井翔太が「打ち上げ花火のよう」と第4章への思い明かす

2333

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown」初日舞台挨拶の様子。左から五十嵐雅、永塚拓馬、蒼井翔太。

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown」初日舞台挨拶の様子。左から五十嵐雅、永塚拓馬、蒼井翔太。

アニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown」の初日舞台挨拶が、本日5月4日に東京・新宿バルト9で開催された。

イベントには鷹梁ミナト役の五十嵐雅、西園寺レオ役の永塚拓馬、如月ルヰ役の蒼井翔太が登壇。五十嵐は第4章について「(心に)ずしっと来るものがあり、どう言葉にしていいのかわからず……」と話し始め、「この作品はファンと一緒じゃないと完成しない。これから応援上映などを通じて完成していくのかなと思っています。みんな跳んでいこー!」と呼びかける。

永塚も本作について「衝撃の連続でした。これまでは家族やそれぞれのルーツを辿るエピソードでしたが、最終章で『あ、またわからないぞ』と思いました(笑)」と述べつつ、「最終章ありがとうって感じです」とにっこり。本作で自身演じるルヰのメイン回を迎えた蒼井は「ものすごくうれしいです」と、永塚に続き満面の笑みを見せた。さらに蒼井は「台本を読んだときは涙が止まりませんでした。幸せなところも、切ないところもありますが、みんなのチームワークなども見れるので、“打ち上げ花火”のような作品なのかなと思います」と振り返る。

次に話題は、菱田正和監督とのエピソードへ。永塚は「新章が始まる前に監督にレオの印象を聞かれたとき、みんなを応援してくれるようなキャラクターだと思う」と菱田監督に話し、その思いが脚本に反映されて驚いたことを明かす。また蒼井は太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬との収録を振り返り、「すごく素敵な演技をされているのに、何度もセリフを自ら撮り直しをされていたのが印象的で、その熱い思いを感じながら改めて本編を見ると鳥肌が立ちました」と語った。

最後に蒼井からファンに向けてメッセージが。「皆さまへの感謝が尽きません。心のドアを開放して全身で楽しんでほしい。この後も初めて(キンプリを)観る方もいると思いますし、できればもっともっとたくさんの方に観ていただいて、キンプリを愛していただけたらと思っています」と言葉を寄せ、イベントは幕を閉じた。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

コミックナタリーをフォロー