コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「かぐや様」エンジンはまだブルンブルン、古賀葵&古川慎が第2期に意欲

1905

赤坂アカ原作によるTVアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のステージイベントが、東京・東京ビッグサイトにて開催されている「AnimeJapan 2019」のNetflixブースにて、本日3月23日に行われた。

イベントには四宮かぐや役の古賀葵、白銀御行役の古川慎とアニプレックスの石川達也プロデューサーが登壇した。残すところあと2話で最終回を迎える「かぐや様は告らせたい」。古川は同作のアフレコ現場の様子について、「和気あいあいとしてます。いろんな作品で『この作品の現場は和気あいあいとしてる』って言うんですが、この作品はホントに和やかに時間が過ぎていました」と振り返る。古賀が「いつも笑っていた印象があります。寂しくも思いつつ、エンジンはまだまだブルンブルンでございます」と続けると、古川も「(最終回を録り終えた後も)『また(キャストやスタッフと)たぶん会うな』という気がしています。2期が決まっているわけではないんですけど、やってる途中から『2期いつやるんですか』と話していて(笑)。演者のテンションはずっと高いままです」と第2期への意欲を見せる。

また古川は今後の「かぐや様は告らせたい」の展開について、「古賀さんのお芝居がめちゃめちゃいいんです。最終回を録り終えたあと、『今日の芝居めちゃくちゃ良かったよ。泣きそうになった』って言ったくらいで」と回想すると、古賀からは「ホントですか?ありがとうございます!」との返しが。この発言に対し古川は「『ホントですか?』って(笑)。前にもそう言ったんですよ!」とツッコミを入れた。

その後会場ではこれまでの「かぐや様は告らせたい」のエピソードの中から、それぞれのお気に入りのエピソードを振り返ることに。石川プロデューサーは鈴木雅之がテーマ曲を歌唱するオープニング映像を挙げ、「皆さんから『驚いた』と言っていただくんですが、オープニングって作品の顔だし、話題のひとつですよね。(アニメの制作時に)『かぐや様』の魅力を考えたときに『ギャップなのかな』と思いまして。作品に寄り添いつつも思いもつかなかった組み合わせにしたいと考えたんです。この作品はラブコメなのでラブソングがいい、『ラブソングと言ったら王様は鈴木さんだと思うんですけど、一度(オープニング曲を歌ってくれないか)聞いてみてもらってもいいですか?』ってオープニングを担当しているチームと話したりしました」と起用の経緯を説明。さらに「鈴木さんには『かぐや様』を毎週観ていただいているようで。『男子として会長に共感できる部分がある』とおっしゃっていたと聞いています。先日某ライブイベントに鈴木さんがサプライズ登場したときのひと言目が『アニソン界の大型新人です』だったりして」と裏話を明かした。

古賀は生徒会に差し入れられたショートケーキをかぐやと白銀が、なんとか互いに食べさせようとする「かぐや様は許せない」を挙げた。古賀が「この『はー!』っていうセリフは2人で本当にこだわって録りました」と振り返ると、古川も「確かにこの『はー!』は一番リテイクがあったかもしれないですね」と語る。最後に古川がチョイスしたのは、かぐやが初めて白銀の家に電話をかける「かぐや様は送らせたい」のエピソード。古川は「代わりに父親が電話に出ちゃうんです。父親役の子安(武人)さんが、本番では抑えめのトーンなんですが、テストのときに『私は御行の父です』ってめっちゃお腹から声を出していて、それが大好きで」と述べた。

ステージの後半では来場者からのヒントを元に、スクリーンに映し出されたアニメが何のタイトルか当てるという「リサーチ BY オーディエンス!」のコーナーを実施することに。第1問目の「Fate/Apocrypha」というお題に対し、古川が「男の子向け?」「正ヒロイン的な女の子は金髪?」といった質問を観客に投げかけ、見事に正解にたどり着く。第2問目の「ワンパンマン」というお題では「集英社作品?」「主人公は丸坊主?」などの問いかけから、2人は古川が主演を務める「ワンパンマン」を連想するも、古川は「申し訳なくて答えられない(笑)」とひと言。古賀が「ワンパンマン」と回答し、2問連続で正解となった。

なお「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は本日第11話を放送。古賀はイベントの最後に、「11話からギャグパートがありつつシリアスな部分もたくさん出てくるので、キャラたちの後ろにあるストーリーにも注目して観てもらえたらうれしいなと思います」と挨拶した。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

コミックナタリーをフォロー