コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

月刊ヤンジャン、「キャプテン翼」で高橋陽一がEXILE描く

本日5月25日に発売された月刊ヤングジャンプ6月号(集英社)に、高橋陽一「キャプテン翼」とEXILEのコラボマンガ「キャプテン翼 特別編 LIVE TOGETHER 2010」が掲載されている。

「キャプテン翼 特別編 LIVE TOGETHER 2010」は、アルゼンチンと翼率いる日本代表との、W杯に向けた国内最終テストマッチを描く。強敵・アルゼンチンに日本が同点まで追いついたところで前半が終了。ハーフタイムショーでEXILEが登場し、サッカー日本代表応援ソング「VICTORY」を歌い、翼率いる日本代表メンバーを励ますシーンは必見だ。

また高橋とEXILEのメンバーであるAKIRA、TETSUYA、KENCHIによる対談も掲載。メンバーは「キャプテン翼」を読んで育ったことを明かしたり、高橋は立花兄弟の「スカイラブハリケーン」がプロレスからヒントを得て生まれたことなどを語ったりしている。

ほかにも今号では、増田晶文原作、霧科拓徒作画の「ヤスキヨ~ぼっけもんが求めた至高の一滴~」を掲載。焼酎ファンの間でその名をとどろかせている銘酒「安納」を作った男・曽木安清の物語を描いた読み切りだ。今号ではこの芋焼酎「安納」を抽選で20人にプレゼントする企画を実施している。

なお岡崎圭「十字架の魔術師」は今号で最終回。最終巻となる6巻は6月に発売される予定だ。また6月22日に発売される次号月刊ヤングジャンプ7月号では、柴田ヨクサルの読み切り「ハチワンダイバー番外編 ザンガード」が掲載される。

コミックナタリーをフォロー