コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「王室教師ハイネ」植田圭輔を「“漢”として惚れてる!」と橋本祥平が手紙で賞賛

2543

赤井ヒガサ原作による劇場アニメ「劇場版『王室教師ハイネ』」の初日舞台挨拶が、本日2月16日に東京・新宿バルト9で開催された。

本日のイベントにはハイネ役の植田圭輔、カイ役の安里勇哉、ブルーノ役の安達勇人、レオンハルト役の廣瀬大介、イヴァン役の橋本祥平、ユージン役の阪本奨悟が登壇。座長の植田は「ようやくこの日が来たなと思います」と初日を迎えた感想を述べ、安里は「まだ大きいスクリーンで観れていないので、逆に皆さんがうらやましいです!」と客席に目をやる。

植田は本作について「登場人物たちが何かにぶつかって、それを乗り越えるためにそばにいる人に支えてもらったり、自分の足で踏み出したりして、成長していくというのが今回のテーマ。王子たちの成長含め、双子の王子の成長が描かれていて、観終わった後に優しくなれるような作品になってると思います」とアピール。また双子の王子を演じ、アフレコに初挑戦した橋本と阪本に対しては「2人とも素晴らしいので、僕らがアドバイスすることはなかったですね」と称賛する。続く安里は2人について「僕も(アフレコに初挑戦するときの)気持ちはすごくわかるので、とにかく楽しんでほしいなと思ってました」とコメントし、安達は「僕は自分のことで精一杯でした(笑)」と振り返った。

ここで原作の赤井からキャスト陣に、「もし皆さんがグランツライヒ王国のヴァイスブルク王宮に招待されて、丸1日過ごせるとしたら何をしたいですか?」という質問が届いていると知らされる。廣瀬は一番に「(王宮の老犬)シャドウと遊びたい! モフモフしたいよね」と回答。植田も「一緒やわ」と同意しながら、「アデルと遊びたいですね。願わくば、シャドウの上にアデルと一緒に乗りたい」と述べる。安達は「シャドウとアデルと釣りに行きたい」と、阪本は「王宮なので、おいしいごはんを食べたいですね。高級なワインとか嗜みながら」と、橋本は「王宮って広いじゃないですか。それを使わずにどうするんですか! 私が王宮に行ったら、鬼ごっこをしたいと思います!」と声を張って答えた。

イベントでは橋本が、植田に宛てた手紙をサプライズで読み上げる一幕も。「今日は、今にも溢れそうな植田くんへの愛をこのお手紙を通して伝えさせていただきます」という言葉から始まり、植田の役に対しての姿勢や、面倒見のよさ、器の大きさなどを尊敬していると話す。「何より、“漢”として惚れています!」と続け、「改めて思いました! 男は身長ではなく、懐の大きさだと!! これからも楽屋でたくさん笑わせたいと思います」と締めくくる。これを受け、植田は「感動で涙が出るかなと思ったけど、笑いすぎて涙が出るっていう……」と笑みを見せた。

最後に植田からは「こんな素敵な景色を見させていただけてるのは、『ハイネ」を応援してくださる皆さんがあってのことだなと改めて感じています」と感謝の言葉が。「『ハイネ』というものは、皆さまの心に何か1つ残せる、心が豊かになれる作品だと思います」とまとめ、イベントは幕を閉じた。

劇場版「王室教師ハイネ」

2019年2月16日(土)公開

スタッフ

原作:赤井ヒガサ(掲載 月刊「Gファンタジー」 スクウェア・エニックス刊)
監督:菊池カツヤ
脚本:うえのきみこ
オリジナルキャラクター原案:赤井ヒガサ
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:奥山鈴奈
音響監督:郷田ほづみ
音楽:井内啓二
アニメーション制作:ティアスタジオ

キャスト

ハイネ:植田圭輔
カイ:安里勇哉
ブルーノ:安達勇人
レオンハルト:廣瀬大介
リヒト:蒼井翔太
イヴァン:橋本祥平
ユージン:阪本奨悟
ヴィクトール:森川智之
アインス:小野大輔
ローゼンベルク:江口拓也
マクシミリアン:立花慎之介
ルートヴィヒ:浪川大輔
ロマーノ国王:郷田ほづみ

(c)赤井ヒガサ/SQUARE ENIX・劇場版「王室教師ハイネ」製作委員会

コミックナタリーをフォロー