コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「BACK STREET GIRLS」白洲迅ら男子は本当の兄弟みたい?舞台挨拶で振り返り

226

映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」公開記念舞台挨拶の様子。

映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」公開記念舞台挨拶の様子。

ジャスミン・ギュ原作による実写映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」の公開記念舞台挨拶が、本日2月9日に東京・新宿バルト9にて開催。山本健太郎役の白洲迅、立花リョウ役の花沢将人、杉原和彦役の柾木玲弥、アイリ役の岡本夏美、マリ役の松田るか、チカ役の坂ノ上茜、木村役の菅谷哲也、小泉成二役の桜田通、監督を務めた原桂之介が登壇した。

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」は、不始末の落とし前をつけるため、性転換手術をさせられアイドルグループ・ゴクドルズとしてデビューすることになった極道の男性3人が織りなすコメディ。極道の男性3人を白洲、花沢、柾木が、性転換後の姿を岡本、松田、坂ノ上が演じる。

撮影を振り返り、白洲は花沢、柾木との関係を「自然と僕が“兄貴”で、2人とは兄弟みたいな関係だった」とコメント。さらに「同一人物を2人の役者で演じる。特に女子たちは男を演じなければいけないし、普段は女優として活動する中でアイドルを演じなければいけないというたくさんのハードルがあった。だから大変そうだなあ……と傍から見ていました」とどこか他人事のように女優陣を讃えながらも、「僕らは本当に楽しい楽しい撮影でした」と明かす。そんな白洲の話を受け、岡本は「本当に兄弟みたいな3人の関係性がありがたかったです。私たちもやりやすい環境を作ってくださっていました」と振り返った。

花沢は「Vシネや(本作に出演している)小沢仁志さん、岩城滉一さんを観てきている人たちからこそ評価されたいなと、意識して取り組みました」と述懐。それを聞いていた白洲が、1960年代後半から70年代にかけて隆盛した東映ピンキー・バイオレンスの流れを意識して制作された同作について「宣伝ではそういうふうに強く打ち出していますけど、最初(撮影時)はそんなつもりありました?」と原監督に問う。質問に対し、原監督は「企画を最初に聞いたときは革新的だと思った。70年代の東映にもそういったイメージがあったので。でも現代によみがえらせるなら、伝統を踏まえていないと意味がない」と語り、監督を務めることにプレッシャーを感じていたことを明かした。

改めて原監督は「任侠、アイドル、とにかくいろんな要素がてんこ盛り」と同作を語り、「俳優部が大変な作品は、当然スタッフも大変になってくるんです。大変だあと思いながら、答えが見えないで苦しんでいるときに俳優部やスタッフのみんなが答えを見せてくれる。日本映画の現場の底力を感じました。可能性しかない若者とご一緒できて本当に楽しい現場でした」と思い返した。

映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」は全国で公開中。同じキャストが演じるドラマ版は、MBSで2月17日、TBSで2月19日よりオンエアされる。

(c)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会 (c)2019ドラマ「ゴクドルズ」製作委員会・MBS

コミックナタリーをフォロー