コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

第34回講談社漫画賞にジャイキリ、海月姫、ダイヤのAなど

第34回講談社漫画賞の受賞作が発表された。一般部門には綱本将也原作によるツジトモ「GIANT KILLING」、少年部門には寺嶋裕二「ダイヤのA」、少女部門には東村アキコ「海月姫」、児童部門にはやぶのてんや「イナズマイレブン」が輝いた。

「GIANT KILLING」は、モーニング(講談社)にて連載中のサッカーマンガで、弱小サッカークラブがカリスマ監督を迎え強豪チームに挑んでいく姿を描く。TVアニメはNHK BS2にて毎週日曜23:00より放送されている。「ダイヤのA」は週刊少年マガジン(講談社)で連載中。名門校へ入学した野球少年が、甲子園出場を目指す青春ドラマだ。

また「海月姫」はクラゲが好きなオタク女子と女装美男子が織り成すラブコメディで、Kiss(講談社)にて連載中。10月よりフジテレビのノイタミナ枠にてアニメ化される。「イナズマイレブン」はニンテンドーDS用ゲームを原作としたサッカーマンガ。月刊コロコロコミック(小学館)にて連載されており、TVアニメはテレビ東京系6局ネットで毎週水曜19:26より放送中だ。

選考委員は上田美和、しげの秀一、寺沢大介、福本伸行、藤本由香里、松苗あけみ、森川ジョージの7名が務めた。贈呈式は6月21日に東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂で行われる。

コミックナタリーをフォロー