コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

とよ田みのる、室井大資、鶴谷香央理が絶賛!不治の病巡るドラマ「パンダ探偵社」

315

澤江ポンプの単行本「パンダ探偵社」1巻が、本日12月27日に発売された。

「パンダ探偵社」は体が少しずつ動植物に変化していき、やがて人格が失われるという不治の病、通称“変身病”が蔓延した世界を描くヒューマンドラマ。パンダ化しつつある青年・半田は、学生時代の先輩である竹林と、変身病に関する案件専門の探偵業を営んでいた。そんな2人のもとには、変身病の影響で嘘が見抜けるようになり、家族といるのが苦痛になってしまった少女、ヘビ化した夫が家から逃げてしまったという老婦人、演奏すると植物化が進んでしまう天才ピアノ奏者など、さまざまな人々が訪れる。だんだんヒトでなくなっていく彼らと、残される者たちが抱える思いとは。本作はトーチwebで連載中だ。単行本の帯にはとよ田みのる室井大資鶴谷香央理が推薦コメントを寄せた。

喜久屋書店、HMV&BOOKS SHIBUYA、丸善京都本店、ヴィレッジヴァンガードでは購入者に特典を配布。店舗を限定しない汎用の特典も用意された。電子版には特典としてカラーイラストが収録されている。

コミックナタリーをフォロー