コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ドラゴンボール超」を親子連れが鑑賞、野沢雅子「前のめりなのがいい」

756

劇場アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」IMAX親子上映会に登壇した野沢雅子(中央右)と堀川りょう(中央左)。

劇場アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」IMAX親子上映会に登壇した野沢雅子(中央右)と堀川りょう(中央左)。

鳥山明原作による映画「ドラゴンボール超 ブロリー」のIMAX親子上映会が、本日12月23日に東京のT・ジョイPRINCE品川にて開催された。

イベントには孫悟空役の野沢雅子と、ベジータ役の堀川りょうが登壇。野沢と堀川は「オッス! オラ悟空!」「これは遊んでいる場合じゃないな……」という悟空とベジータのセリフを披露し、会場を沸かせる。親子連れ限定で集まった観客に向け、野沢は「前のめりになってワクワクしているのがたまらなくいいですね」と、堀川は「2世代、3世代で観てくれていることがうれしい。こっちまで新たな気持ちになります」と笑顔を見せた。

世代をまたいで愛されている「ドラゴンボール」の魅力を問われると、野沢は「悟空や仲間の活躍が常に面白いんです。『今回はどんな感じになるのかな?』というのが魅力だと思います」とコメント。堀川は「あきらめない気持ちやひたむきな気持ち。そういう思いの強さが『ドラゴンボール』の最大の魅力なんじゃないかな」と分析する。

またIMAXで本作を鑑賞する際の注目ポイントを尋ねられると、堀川は「迫力を満喫できるのはバトルシーン。臨場感が半端ないので」とアピール。野沢は「今回は『私、セリフ言ってたっけ?』ってくらいすごかったんです。『うりゃー!』『とおー!』って(笑)」と、言葉ではないセリフが多かったと述べる。そんな野沢の発言を受け、堀川は「(悟空、ベジータ、ブロリーの)3人が3人とも叫んでましたからね。“叫び大会”でした」と振り返った。

イベントでは本作にゴジータが登場することにちなみ、野沢と堀川が「フュージョン!」のセリフを同時に叫ぶ場面や、孫悟空とベジータが登壇しサイン入りフィギュアが当たる抽選会が行われる一幕も。最後に野沢は「私は好きな映画って2回も3回も観るんです。だから皆さんも1回だけじゃなく、お友達を誘って2回、3回と観に来てください!」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

(c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

コミックナタリーをフォロー