コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

大友克洋らがNスペのタイトル映像に参加、「AKIRA」の世界観もとにした特集

517

「東京リボーン」第1集「ベイエリア 未来都市への挑戦」オープニングイメージ映像より。(c)大友克洋/マッシュルーム/講談社

「東京リボーン」第1集「ベイエリア 未来都市への挑戦」オープニングイメージ映像より。(c)大友克洋/マッシュルーム/講談社

劇場アニメ「AKIRA」の制作に携わった大友克洋、作曲家・山城祥二、劇画家・平田弘史が、12月23日よりNHK総合で、全6回のシリーズとして放送されるNHKスペシャル「東京リボーン」に参加している。

2020年に向けて“大改造”が進められる東京。この番組ではその進化と再生を、「AKIRA」の世界観のもと描く。今回、大友はタイトル映像のデザイン監修を担当。山城はテーマ音楽を、平田は劇場アニメ「AKIRA」と同様に番組の題字を手がけた。NHK PRのサイトでは大友、山城のコメントを掲載。大友はマンガ「AKIRA」に込めたメッセージや東京について、山城は「AKIRA」と現代の東京とのシンクロ感などについて語っている。

第1回の放送では15のオリンピック施設が集中するベイエリアを特集。バレーボール会場となる有明アリーナと、水泳会場であるアクアティクスセンターの巨大天井取り付け模様を軸に、未来都市へと移り変わるベイエリアの変貌の様子が映し出される。

NHKスペシャル「東京リボーン」第1集「ベイエリア 未来都市への挑戦」

2018年12月23日(日)NHK総合にて、21:00~

(写真提供:NHK)

コミックナタリーをフォロー