コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ボンズ制作のロッテ70周年アニメがYouTubeで公開、バンプが新曲書き下ろし

12756

ロッテの創業70周年を記念したアニメーション映像「ベイビーアイラブユーだぜ」が、YouTubeにて公開された。

「ベイビーアイラブユーだぜ」は4分弱のフルアニメーション映像。企画・プロデュースを映画「君の名は。」で知られる川村元気が務め、監督をTVアニメ「血界戦線」の松本理恵、キャラクターデザイン・作画監督を林祐己、アニメーション制作をボンズが担当。テーマソングとしてBUMP OF CHICKENの新曲「新世界」が使用されている。

「新世界」は川村・松本からテーマソング制作のオファーを受け、BUMP OF CHICKENの藤原基央が詞曲を書き下ろしたもの。できあがった楽曲を受け、アニメ制作陣が歌詞の1フレーズ「ベイビーアイラブユーだぜ」をタイトルに起用した。バンドからは「松本監督との久しぶりのコラボレーションだったので、どんな映像になるのかわくわくしながら制作しました」とコメントが寄せられている。映像では楽曲のショートバージョンが使われており、フルサイズ音源の発表は未定となっている。

本映像の30秒バージョンは、去る12月5日にフジテレビ系「2018 FNS歌謡祭 第1夜」のCM枠にてオンエアされていた。また本日12月12日放送のフジテレビ系「2018 FNS歌謡祭 第2夜」CM枠で、60秒バージョンが1度限りでオンエアされる。

BUMP OF CHICKENコメント

レコーディングの時のエピソード

今回のレコーディングでは、楽器だけではなく紙鉄砲や靴の音などをサンプリングしてリズムトラックを作ったりして、とても楽しかったです。
松本監督との久しぶりのコラボレーションだったので、どんな映像になるのかわくわくしながら制作しました。

完成した映像を観た感想

お馴染みのいろんなお菓子を擬人化したキャラクターたちが、僕たちの音楽に合わせて歌ったり、踊ったりする姿がとても嬉しかったです。
二人の物語の続きも気になります。最高でした!

コミックナタリーをフォロー