コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ぼぎわんが、来る」実写映画も公開中のホラー話題作、マンガ版1巻

44

澤村伊智原作による川本貴裕の単行本「ぼぎわんが、来る」1巻が、本日12月7日に発売された。

「ぼぎわんが、来る」は澤村の同名ホラー小説をコミカライズしたもの。主人公・田原秀樹は幼少期に、亡き祖父が恐れていた化け物“ぼぎわん”と邂逅した経験があった。ある日、社会人となり家庭を持った彼の元に、姿なき訪問者がやってくる。同僚や家族を襲うその怪異を、田原はいつしかぼぎわんと結びつけて考えるようになっていた。藁にもすがる思いの田原は、恐怖から逃れる手立てを求めて、オカルトライターを自称する青年・野崎と出会う。同作はCOMIC BRIDGE online(コミックブリッジオンライン)で連載中だ。

なお澤村の小説を原作とする実写映画「来る」が、本日12月7日に公開された。監督は中島哲也、主演は岡田准一が務めている。

コミックナタリーをフォロー