コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

あのシリアルキラーの過去に迫る!「外道の歌」スピンオフ「園田の歌」1巻

62

渡邊ダイスケ「外道の歌」の公式スピンオフ「園田の歌」の単行本1巻が、本日11月26日に発売された。作画は永田諒が務めている。

「園田の歌」は「外道の歌」に登場する園田夢二、近野智夏という2人のシリアルキラーの原点を描く物語。学生時代、漫画研究会のメンバーとして同じ時間を過ごした2人の過去が少しずつ明らかにされていく。ヤングキングBULL(少年画報社)で連載中だ。

なお本日、「外道の歌」の最新7巻も同時発売に。7巻には“アンチ”に人生をめちゃくちゃにされた元アイドルが、犯罪被害者の復讐を支援する組織“朝食会”代表・榎加世子のもとを訪れる「ネットストーカー編」、あるコンプレックスを抱く男が、女性をレイプしようと自宅に連れ込む「監禁男編」が収められた。同作はヤングキング(少年画報社)で連載中。

コミックナタリーをフォロー