コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

嘘つきは革命の始まり!機械に支配された世界を塗り替える新連載「FAKE REBELLION」

45

「FAKE REBELLION」第1話より。(c)yuchang sasaki/SQUARE ENIX

「FAKE REBELLION」第1話より。(c)yuchang sasaki/SQUARE ENIX

ささきゆうちゃんの新連載「FAKE REBELLION」が、本日11月24日発売のビッグガンガンVol.12(スクウェア・エニックス)で幕を開けた。

「FAKE REBELLION」の舞台は、人間が“機械人間”に支配された世界。中でも生産性がないとされる“Fランク”の人間たちは、毎日機械から少量の配給食をもらって生活していた。物語はそんなFランク人間ばかりが暮らす区域で、“放浪者”として旅をする青年・キッカが、旧アインハイト皇国“第一皇姫”掬鳳院華宮を名乗る少女に出会ったことから動き出す。

そのほか今号では、有馬ツカサ「しらたまめぐり」が完結。付録には「ゴブリンスレイヤー」の特製クリアファイルが用意された。

コミックナタリーをフォロー