「ういらぶ。」平野紫耀が伊藤健太郎と壁ドン再現、肌ツヤで観客のキュン度を測る

523

星森ゆきも原作による実写映画「ういらぶ。」の公開記念舞台挨拶が、本日11月10日に東京・TOHOシネマズ日比谷で開催。和泉凛役の平野紫耀King & Prince)、春名優羽役の桜井日奈子、坂下暦役の玉城ティナ、藤蛍太役の磯村勇斗、佐伯実花役の桜田ひより、佐伯和真役の伊藤健太郎佐藤祐市監督が登壇した。

劇中のシーンを再現する(左から)伊藤健太郎、平野紫耀。

劇中のシーンを再現する(左から)伊藤健太郎、平野紫耀。

大きなサイズで見る(全12件)

「ういらぶ。」公開記念舞台挨拶より。左から佐藤祐市監督、伊藤健太郎、玉城ティナ、平野紫耀、桜井日奈子、磯村勇斗、桜田ひより。

「ういらぶ。」公開記念舞台挨拶より。左から佐藤祐市監督、伊藤健太郎、玉城ティナ、平野紫耀、桜井日奈子、磯村勇斗、桜田ひより。[拡大]

昨日11月9日より公開中の同作。舞台挨拶ではキャスト陣がそれぞれお気に入りのシーンを舞台上で再現することに。トップバッターの平野は伊藤を巻き込みながら、予告編にも登場するライバル2人の壁ドンシーンを演じてみせる。優羽を巡り凛と和真が対立する同シーンについて、平野は「あそこはバチバチしていて。空気の悪い感じがとても好きですね(笑)」とコメント。その後もキャスト陣はそれぞれ劇中のシーンを再現していき、伊藤が「勝負メガネのおかげかな」とキメ顔を披露すると客席からは黄色い歓声が上がった。

平野紫耀

平野紫耀[拡大]

またイベントでは、仲のいいキャスト陣のチームワークを確かめるべく、男子チームと女子チームに分かれて「以心伝心ゲーム」が展開される。「初恋の味と言えば?」「告白の場所と言えば?」など映画にちなんだ質問が出題され、チーム全員の回答が揃うとポイントがもらえるというこのゲーム。結果は両チーム引き分けとなり、伊藤の「全員仲いいってことですよ!」のひと言でその場はうまく収められた。

桜井日奈子

桜井日奈子[拡大]

最後に佐藤監督は「昨日から公開になり、いろいろ感想をいただいております。スタートしたばかりなので、皆さんのお力でどんどん盛り上げて、『ベッ、ベッ、ベーイベー!』って感じでがんばって応援していただけると」と、King & Princeによる主題歌「High On Love!」のフレーズを交えながら挨拶。桜井は「キュンキュンしたとか、楽しかったとか、ホロっときたとかたくさんの感想を見ています。この作品がたくさんの方にもっともっと愛されたらうれしいなと思います。お友達と一緒にワイワイ楽しみながら観ていただきたいです!」とアピールした。

平野は「人生の中で僕らのことを見てくださって、とてもうれしく思っています」とスケールの大きな切り出し方をしたため会場からは笑いが漏れるが、「人生って一度きりで、そんな中で僕たちの映画を観ていただけて」と続ける。「Twitterとかはやっていないので皆さんの感想はわからないのですが、見るからに皆さんの肌ツヤがよくなっているので、キュンキュンしてもらえたのではないかなと思っております」と感想を述べ、観客からは笑いと拍手が贈られた。

なおコミックナタリーでは、原作「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」が連載されていたSho-Comi(小学館)の創刊50周年を記念した連載企画を展開中。公開中の第7回には「ういらぶ。」原作者の星森ゆきもが登場し、映画の感想や「ういらぶ。」のキャラクターたちに込めた思い、星森が作品を通して読者たちに伝えたいことなどを語ってもらっている。

この記事の画像・動画(全12件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

星森ゆきものほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 星森ゆきも / 平野紫耀 / 桜井日奈子 / 玉城ティナ / 磯村勇斗 / 桜田ひより / 伊藤健太郎 / 佐藤祐市 / King & Prince の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。