コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」蔵人幸明×榊原宗々のサスペンスが別冊YCで

21

本日11月6日発売の別冊ヤングチャンピオン12月号(秋田書店)にて、「ドリィ キルキル」「ひめドレ 姫と奴隷の学園生活」の蔵人幸明が原作、「今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね」の榊原宗々がマンガを担当する新連載「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」がスタートした。

本作の主人公は、学校でいじめを受けている高校1年生の藤倉優馬。いじめられることに関しては諦めていた優馬は、趣味である深夜ラジオの投稿コーナーで常連となり、やがて放送作家になることだけに人生の希望を見出していた。そんなある日、いつものようにいじめを受けていた優馬を、同級生の雨里涼が救出。「報復されるのでやめたほうがいい」と雨里を止める優馬だったが、彼はいじめっ子に対して「俺の優馬に手ェ出したら殺すよ」と言い放つ。“親友グロサスペンス”と銘打たれているこの作品が、今後どのような展開を見せるのか注目だ。

また今号では手塚治虫原作、藤澤勇希脚本によるsanorin「Dr.キリコ~白い死神~」が完結。単行本最終5巻は2019年初頭に発売される。なお12月4日発売の次号2019年1月号より、雨瀬シオリによる新連載「松かげに憩う」がスタートする。

コミックナタリーをフォロー