コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「PSYCHO-PASS」関智一が小芝居で台本を貰ったときのことを振り返る

429

「PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰&Case.2 First Guardian」ワールドプレミア上映イベントの様子。左から野島健児、関智一、塩谷直義監督。

「PSYCHO-PASSサイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰&Case.2 First Guardian」ワールドプレミア上映イベントの様子。左から野島健児、関智一、塩谷直義監督。

第31回東京国際映画祭の特別招待作品となっている、アニメ映画「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」と「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」のワールドプレミアが、本日10月27日に、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

「PSYCHO-PASS サイコパス」は、人間の心理状態や性格傾向を数値化する装置“シビュラシステム”が開発された近未来を舞台にしたオリジナルアニメーション作品。2019年1月からは、5人の主要キャラクターである霜月と宜野座、須郷と征陸、狡噛にそれぞれフォーカスした劇場アニメ3作品が連続公開される。このたびの舞台挨拶には、宜野座伸元役の野島健児、狡噛慎也役の関智一塩谷直義監督が登壇した。

はじめに映像が完成しワールドプレミアを迎えられたことへの感想を聞かれた塩谷監督は、「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」をまだ制作中であることを話し、「仕事の合間に皆さんに会いにきたという感じです」とコメントして観客を笑わせる。野島はアフレコが1年半ほど前には終わっていたことから、「楽しみにしていた分、じっくり何度も観させていただきました」と笑顔で語った。

サブタイトル「Sinners of the System」の意味についての質問では、塩谷監督がテレビシリーズ、劇場版と過去作でスケールの大きい事件を描いてきたことに触れる。「これまでとは別枠の作品だとわかるようにしたかった。もっとシステムとかに焦点を絞った作品を作りたいと思ったときに思い付いた」と説明した。

野島は脚本について「1回読んだだけでは全くわからなかった」と振り返り、「完成品を1回じっくり観てからアフレコしたいと思うくらい複雑にできている」と感想を述べる。台本をもらったときのことを小芝居で再現しだした関は、台本を家に持ち帰るジェスチャーを見せた後に「すぐに台本を読まずに熟成させるんです。落ち着いた気持ちになってから1ページずつ紐解いていく」と独特の言い回しで台本との向き合い方を明かす。これには野島も「大事な作品の台本はすぐには開けないんです」と同意していた。

作品の注目ポイントの話題では、上映前の挨拶ということもあり、3人とも言葉を選びながら慎重に話していく。塩谷監督が「何もお伝えしないほうが楽しいと思うんですが」とコメントを考え始めると、横から関が「監督のお母さんがもし作品をご覧になるとしたら、何を伝えたいですか?」と斬新な質問を投げかける。塩谷監督は「刑事ものだってことさえわかれば楽しめる」とわかりやすく回答し、内容については「いろいろ入れ込んで作りました。キーワードもたくさんちりばめられています」とこれから作品を観るファンへ言葉を送った。

舞台挨拶では作品ごとのキービジュアルも初公開。会場から大きな拍手が起こる中、それぞれが気になるポイントに触れていく。Case.3のタイトルにある「恩讐の彼方に__」の「__」について関が「藤岡弘、さんの“、”みたいな感じですよね」と話すと、塩谷監督も同意し、「映画を観ていただければわかると思います」と明かした。また菊池寛の小説「恩讐の彼方に」と本作の関連性を関が明かし「小説を読んでいるとさらに作品を楽しめます」と観客へアドバイスを送った。

最後の挨拶では、野島が「先入観なく観ていただきたい。細部までご覧になって楽しんでいただけたらと思います」と述べる。関は「『PSYCHO-PASS サイコパス』の大きな流れや世界観を踏まえて本編をご覧いただけるとより楽しめます」とアピールし、塩谷監督は「スタッフもとことん突き詰めて制作しました。今日ご覧になって面白いと言っていただけたら、スタッフも勇気付けられます。ぜひともこれからも応援お願いします」と呼びかけた。

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」

2019年1月25日(金)より公開

スタッフ

SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮
総作画監督:中村悟
作画監督:新野量太、古川良太、鈴木俊二、森田史、中村悟、諸貫哲朗
演出:黒川智之、下司泰弘
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

キャスト

宜野座伸元:野島健児
霜月美佳:佐倉綾音
夜坂泉:弓場沙織
久々利武弥:平井祥恵
辻飼羌香:岡寛恵
松来ロジオン:小山力也
玄沢愛子:斉藤貴美子
能登耕二:多田野曜平
烏間明:中川慶一
常守朱:花澤香菜
須郷徹平:東地宏樹
雛河翔:櫻井孝宏
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき

「PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian」

2019年2月15日(金)より公開

スタッフ

SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:阿部恒
作画監督:中村深雪、古川良太、阿部恒、諸貫哲朗
演出:下司泰弘
撮影監督:荒井栄児
3D:I.G3D
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、青木康浩
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

キャスト

須郷徹平:東地宏樹
征陸智己:有本欽隆
青柳璃彩:浅野真澄
大友逸樹:てらそままさき
大友燐:大原さやか
狡噛慎也:関智一
宜野座伸元:野島健児
縢秀星:石田彰
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき
花城フレデリカ:本田貴子
常守朱:花澤香菜
霜月美佳:佐倉綾音

「PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」

2019年3月8日(金)より公開

スタッフ

SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟
作画監督:中村深雪、古川良太、竹内知海、古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、新野量太、中村悟
演出:河野利幸、遠藤広隆
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

キャスト

狡噛慎也:関智一
テンジン・ワンチュク:諸星すみれ
花城フレデリカ:本田貴子
キンレイ・ドルジ:志村知幸
ギレルモ・ガルシア:磯部勉
ツェリン・グルン:高木渉
ジャン=マルセル・ベルモンド:鶴岡聡

(c)サイコパス製作委員会

コミックナタリーをフォロー