コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「PSYCHO-PASS」1作目公開、佐倉綾音「霜月が劇場版で主役を張る日がくるとは」

1445

左から宜野座伸元役の野島健児、霜月美佳役の佐倉綾音、塩谷直義監督。

左から宜野座伸元役の野島健児、霜月美佳役の佐倉綾音、塩谷直義監督。

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」の初日舞台挨拶が、本日1月25日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催された。

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」は、宜野座伸元と霜月美佳を軸にした「Case.1 罪と罰」、須郷徹平と征陸智己を軸とした「Case.2 First Guardian」、狡噛慎也を軸とした「Case.3 恩讐の彼方に__」の劇場3作品。本日行われた舞台挨拶には、宜野座伸元役の野島健児、霜月美佳役の佐倉綾音塩谷直義監督が登壇した。

「Case.1 罪と罰」では主役として登場することになった霜月と宜野座。塩谷監督は「常守朱の奥から『私にやらせろ』っていう雰囲気を出してくる女性と、狡噛慎也の奥でじっと黙ってこっちを見続ける男性と」と冗談を交えながら「霜月は常守と近くて、対立したり比べられる存在。宜野座さんも狡噛と比べられる存在。そして、潜在犯に対して過去にエピソードも持っているキャラクターなので、そんな2人が絡んだら面白いドラマになるんじゃないかなと」と語る。

宜野座役の野島は「宜野座は、はっきりと成長しましたよね。第1期のときは、ちょっとしたことですぐ切れるというか、いちいち切れて怒って騒いでた(笑)。噛み付いてないと自分が保てないような緊張感のある中を生きていた人間なので」コメント。さらに「(シリーズを通して)やっと自分の価値観で生きていけるようになった。そしたら髪型まで変わっちゃってね」とモニターに映る映画のキービジュアルを観ながら、髪型の変化をいじると観客から笑いが起きる。野島が「これが本当にしたかった髪型なのかなって(笑)」と続けると、佐倉に「忙しくて髪切れないとかじゃないんですか?」と突っ込まれ、さらに塩谷監督からも「どちらかと言うとそうですね(笑)」と佐倉に同意し、「ビジュアルを気にしなくなったというか。昔は着飾って立派にならないと思ってたのを解き放ったんじゃないかな」と解説した。

一方、霜月役の佐倉は「まさか霜月が劇場版で主役を張る日がくると思ってなかった(笑)」と笑いながらも、「劇場版を観た人から『霜月成長したね』って言われるんですけど、私としては今まで見えてこなかった部分が見えてきたという意識が強くて」とコメント。しかし「霜月が主役で興行収入落ちたらどうしようかと心配してるんですけど。大丈夫かな」と冗談交じりに述べる。そんな佐倉に塩谷監督は「僕たちスタッフ側からすると、霜月は愛されキャラ。本当に助かっているキャラで、話が回るんですよ、霜月がいると。これは間違いない。話の展開が作りやすい」と褒めると、佐倉は「でもこういう人現実にいると、本当に嫌われるか本当に好かれるかの両極じゃないですか?」と自虐的に語り、笑いを誘った。

最後、佐倉はこれから映画を観る観客に対し「すべてを把握できないかもしれないけど、『PSYCHO-PASS』を好きでいてよかったと思ってもらえるし、知らない人には『すごい作品を知ってしまった』と思えるような作品に仕上がってます。スタッフ・キャスト一同自信作。とりあえず頭をニュートラルな状態にして楽しんでいただけたら」とアピール。また野島も「今日はいろんな話をしましたが、1回忘れてフラットな気持ちで見ていただきたい。一瞬たりとも見逃すと、この先の展開の見え方も変わってくると思いますので、つぶさに刮目していただきたいですし、Case.1を観れば、間違いなく2も3も観ざるを得ないと思います」と熱く語る。

そして塩谷監督は「作品にすべてを入れたので、観ていただければ本望。でもあえて言うとすると、先程知り合いが観てくれて『うるっときた』と言ってました。でもCase.1で泣いてたら、Case.2は泣くのを通り越すんじゃない? Case.3は死んじゃうんじゃない?って(笑)。それぐらい、1、2、3を通して観ることで、見え方が広がる作品になっています」と述べ、舞台挨拶は幕を閉じた。「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」は本日より全国公開。「Case.2 First Guardian」は2月15日、「Case.3 恩讐の彼方に__」は3月8日に封切られる。

(c)サイコパス製作委員会

コミックナタリーをフォロー