コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「はいからさん」“明日を生きていく糧に”早見沙織、宮野真守ら後編の舞台挨拶に

1658

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」舞台挨拶より。左から青江冬星役の櫻井孝宏、花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍役の宮野真守、ラリサ役の坂本真綾。

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」舞台挨拶より。左から青江冬星役の櫻井孝宏、花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍役の宮野真守、ラリサ役の坂本真綾。

大和和紀原作によるアニメ映画「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」の舞台挨拶が、本日10月20日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍役の宮野真守、青江冬星役の櫻井孝宏、ラリサ役の坂本真綾が登壇した。

これまでのアニメシリーズでは描かれなかった、原作のラストエピソードまでがアニメ化される同作。早見は「試写で観させていただいたんですが、あの原作が最後まで描かれるっていう感慨がまず一番大きかったです」と心境を語る。宮野は後編で記憶を失った忍を演じ、「どういうアプローチをしようかなと思ったんですけど、記憶をなくしたことによって、より伊集院忍の根本的なところに触れられた。より魅力的に、彼が僕の中で膨らんでいきました」と思い返した。

自身の役どころを“ややギャグ担当”だったと振り返る櫻井は、「紅緒と触れることで、冬星の人間性が透けて見えたんじゃないかと思います。じゃないと『冗談はよし子さん』とか、あんな大きな声で言わない」と作中のシーンを挙げ、会場からは笑いが漏れる。宮野に「急に言いましたよね。どうしたんですか? アドリブですか?」と問われ、「アドリブじゃないですよ!」と返しながらも、「今までは生い立ちもあって偽ってたところもあったと思うんですが、いろんな面が見られて楽しかったです」と冬星について語った。

後編から登場したラリサについて、坂本は「皆さんから見ると、紅緒の恋の行く先に入ってくるキャラクターなので、嫌われちゃうかなと思いながらだったんですが」と吐露しながらも、「彼女も自分では選べない過酷な運命に見舞われていて、その中で自分の幸せを追い求めていくことが大胆な行動になった。彼女は彼女で、こういう時代に生まれて戦った女性の1人なのかなと思い、私なりに愛していました」とラリサに対する思いを明かした。

その後もイベントでは、各キャラクターの印象的なセリフについてトークが展開されていく。また原作者の大和から後編の公開を記念してキャスト陣に花束が贈られ、キャスト陣はそれぞれ異なる色合いの花を見つめながら喜んだ顔を見せていた。

最後に宮野は「“不朽の名作”、本当にその通りだと思います。今の時代と違う価値観だとしても、普遍的なこの物語のメッセージがあるからこそ、ずっと感動していられるし、ずっと好きでいられるんだなと改めて感じさせていただきました」と振り返る。続けて早見は「現代でも、紅緒たちが生きた時代でもいろんなことが起こっている。けれどみんなそれぞれに新しい日を迎えて立ち上がって生きていくんだというのを、時代は全然違うかもしれないけど、スクリーンの中から感じていただいて、明日を生きていく糧にしていただけたらうれしいなと思います」と観客へ語りかけながら、「お酒を飲んで楽しく生きていこう! ……紅緒ほどはならないように(笑)」と付け加えてイベントの幕を閉じた。

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は、全国で公開中。

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

コミックナタリーをフォロー