平松伸二「外道マン」“まだ完結じゃねぇんだよぉオオオオ!!!”な最終巻

65

平松伸二「そしてボクは外道マンになる」の最終4巻が、本日10月19日に発売された。

「そしてボクは外道マンになる」最終4巻(帯付き)

「そしてボクは外道マンになる」最終4巻(帯付き)

大きなサイズで見る

平松は単行本のコメント欄で「今までに何作も人気不調で連載終了を経験したけど……今回が一番悔しい!!」と語っており、「まだ完結じゃねぇんだよぉオオオオ!!!」との煽りを帯に掲載。また劇中に登場する江口寿史が帯にコメントを寄せている。

「そしてボクは外道マンになる」はマンガ家を志した青年・伸二を主人公にした平松の自伝的作品。岡山の片田舎で生まれた少年が1970年代に週刊少年ジャンプ(集英社)でデビューを果たし、同誌の編集者や連載作家に揉まれ、外道なマンガ家“外道マン”となる姿を描いていく。

関連する特集・インタビュー

関連記事

平松伸二のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 平松伸二 / 江口寿史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。