コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

1979年制作の手塚アニメ「海底超特急マリン・エクスプレス」吉祥寺で上映

290

「吉祥寺アニメワンダーランド」メインビジュアル

「吉祥寺アニメワンダーランド」メインビジュアル

手塚治虫が原案、構成を手がけたアニメ「海底超特急マリン・エクスプレス」が、明日10月13日に東京・吉祥寺シアターにて上映される。

これは吉祥寺で9月27日より開催中のイベント「吉祥寺アニメワンダーランド」の一環として行われるもの。「海底超特急マリン・エクスプレス」は1979年に日本テレビ系列で放送された長編アニメ作品で、手塚作品の人気キャラが総出演する。物語の舞台は2002年。太平洋横断海底鉄道マリン・エクスプレスがカリフォルニアから日本へ向けて出発するも、列車による海底の環境破壊に悩んだ開発者の博士は、マリン・エクスプレスの爆発を計画する。

イベントでは竹熊健太郎と津堅信之による本作の解説トークも交えて上映。チケットは中学生以上1000円、小中学生は500円となり、当日券のみの販売となっている。

手塚アニメ名作上映&トークショー「海底超特急マリン・エクスプレス」

日時:2018年10月13日(土)15:30開場、16:00開演
会場:東京・吉祥寺シアター
トーク出演:竹熊健太郎、津堅信之
料金:1000円(小中学生500円、未就学児無料)

(c)Tezuka Productions

コミックナタリーをフォロー