コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ういらぶ。」で“平成最後のキュンキュン”を!平野紫耀ら完成披露に登壇

421

映画「ういらぶ。」完成披露試写会の様子。左から佐藤祐市監督、伊藤健太郎、玉城ティナ、平野紫耀、桜井日奈子、磯村勇斗、桜田ひより。

映画「ういらぶ。」完成披露試写会の様子。左から佐藤祐市監督、伊藤健太郎、玉城ティナ、平野紫耀、桜井日奈子、磯村勇斗、桜田ひより。

星森ゆきも原作による実写映画「ういらぶ。」の完成披露試写会が、本日10月9日に東京・有楽町朝日ホールにて開催。和泉凛役の平野紫耀King & Prince)、春名優羽役の桜井日奈子、坂下暦役の玉城ティナ、藤蛍太役の磯村勇斗、佐伯実花役の桜田ひより、佐伯和真役の伊藤健太郎佐藤祐市監督が登壇した。

観客からの大歓声を受けてステージに登壇した出演者陣。優羽のことが好きなのにドSのフリをしてしまうこじらせ男子の凛を演じた平野は、撮影を振り返り「僕自身、Sではないので……まあMでもないんですけど(笑)、なので女性に『ゴミ』って言うのは心が痛いなと思いつつも、凛くんを尊敬しながら演じさせていただきました」とコメントする。続けて「優羽に対してSを出したあと、お家に帰ってもがくシーンは切り替えが大変でしたね」と語った。

凛に思いを寄せながらも、ドSな凛のせいでネガティブになってしまったヒロイン・優羽を演じる桜井。「優羽ちゃんは自分とは真逆のキャラクターだと思っていて。私はあんなふうにほわほわしていないし、気が弱くもないし、健気でもないんですけど、真逆のキャラクターだからこそ演じがいがありました」と説明し、「優羽ちゃんはコミュニケーションが苦手なのでどもってしまうことがあるんですけど、それが優羽ちゃんのかわいさでもあって。でも私が演じることでうざったく見えないか、それは心配したところでした」と吐露しながら、「優羽ちゃんの健気さ、一生懸命さを意識して演じました」と振り返った。

男女の幼なじみ関係を描く同作。「幼なじみの関係に憧れはあるか?」という質問に対し、平野は「やっぱりありますね」と答える。「幼なじみって男子は男子で集まって、女子は女子で集まるっていう関係が定番ですけど、男女が一緒のグループで幼なじみって言える関係はすごく憧れました」と笑顔で述べる。1年前に行われた撮影を振り返り、磯村は「ホテルに泊まっていて、(撮影が)終わったあと、お風呂上がりに(風呂場の)扉を開けて部屋に出たら、部屋のドアの下からお菓子がピュッと出てきたことがあったんです。『なんだ!?』と思ってドアの下を覗いたら、紫耀くんが(お菓子を)スッて部屋に入れていって! それを見て感動しちゃって。『なんてかわいい奴なんだ!』と思いました」とエピソードを披露。平野は「見られると思ってなかった! 誰にもバレてないと思ってました!」と驚いた顔を見せていた。

またイベントではMCから出されたお題に対し、各々が該当すると思うキャストの札を挙げてトークを繰り広げる「ういらぶ。No.1はだ~れだ?」と題した企画を展開。「こじらせNo.1は?」「チャラいNo.1は?」「クールNo.1は?」といった質問に、それぞれが思うキャストの札を挙げ、その理由を語っていった。

イベントの後半、佐藤監督は「とても見やすく、笑いあり、涙あり、ハラハラあり、ドキドキあり……といった展開になっていますので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」と挨拶。平野は「キャストの皆さん、スタッフの皆さん、監督の皆さんに……」と切り出すも、佐藤監督から「監督は何人いるんだよ!(笑)」とツッコミを受ける。会場を笑顔にしながら、「楽しくてキラキラしてキュンキュンして笑える映画になっています」と続け、「僕たちKing & Princeの主題歌『High On Love!』も使っていただきまして、キラキラした世界観が描かれています。今年はあと3カ月ありますが、平成最後のキュンキュンは僕たちでいかせていただきたいなと思っています!」とアピールした。最後に平野と観客の「WE LOVE」「ういらぶ!!」の掛け声に合わせ、ステージに設置されたバルーンが割れると、中からハート柄の風船が飛び出すサプライズも。盛り上がりの中イベントは幕を閉じた。映画「ういらぶ。」は11月9日に全国で公開。

映画「ういらぶ。」

2018年11月9日(金)全国ロードショー

原作:星森ゆきも「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」)
監督:佐藤祐市
脚本:高橋ナツコ
音楽:佐藤直紀
出演:平野紫耀King & Prince)、桜井日奈子玉城ティナ磯村勇斗桜田ひより伊藤健太郎

(c)2018 『ういらぶ。』製作委員会 (c)星森ゆきも/小学館 

コミックナタリーをフォロー