コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「愛しのアイリーン」奥浩哉が「吉田恵輔の全作品の中で最高傑作!」と太鼓判

72

左から奥浩哉、吉田恵輔監督。

左から奥浩哉、吉田恵輔監督。

新井英樹原作による映画「愛しのアイリーン」の公開を記念したトークイベントが、去る9月27日に東京・渋谷のシネクイントにて開催され、吉田恵輔監督と奥浩哉が登壇した。

かねてより吉田監督の大ファンだという奥は「『麦子さんと』と『ばしゃ馬さんとビッグマウス』から監督を知って、『ヒメアノ~ル』でガツッと掴まれ、この監督は日本の監督の中で一番好きだと思いました。好きすぎてDVDを全作買って、“吉田恵輔の棚”作ったくらい(笑)」と熱量をアピール。一方の吉田も「自分が妄想していることがそのまま奥先生のマンガのシーンになっていることがあって。自分だけが危ない妄想してるわけじゃないんだとほっとします。先生が描く女性キャラは大きくわけて2パターンあると思いますが、どちらも自分のタイプ。大好きです」と返す。

本作について、奥は「(コメントの寄稿をする上で)自宅で拝見させていただき、泣きましたね。2回目となる今日は初めてスクリーンで観ましたが、わかっていても泣きました。吉田監督の全作品観た中で、最高傑作!」と賞賛。岩男の母・ツルを演じた木野花に関しては「日本アカデミー賞を狙えますよね。素晴らしい演技でした」と熱演ぶりを称える。

ここでマンガ家と映画監督として、作品を生み出すことについての話題に。吉田が「制作過程で『客観的に見て何々だから、変えたほうがいい』と言われることがよくあるんですが、聞いてみるとその人の“主観“に過ぎないことがほとんど。誰かの”主観“に振り回されて失敗するより、自分の”主観”で作ってそれで人がついて来ないほうが納得がいく。自分の仕事がなくなるだけなので」と信念を語ると、奥も「僕も読者のため、とかではなくもう1人いる自分が面白がるものを、と思って描いています」と同調した。

最後にMCから「自身のマンガを吉田に実写化してもらえるなら、どの作品がいいか?」と質問された奥は、「どの作品でも、企画が立ち上がるなら是非やってほしい!」とコメント。それを受けた吉田は「(奥の作品を実写化するには)CGのやり方を覚えないといけないからそこは自信がないけど、やってみたい(笑)」と意欲をみせ、イベントは幕を閉じた。

なおナタリーでは、「愛しのアイリーン」の特集記事を展開中。コミックナタリーでは新井が歴代の著作をじっくり振り返るロングインタビューを、映画ナタリーでは吉田監督と映画で主人公・岩男役を務めた安田顕の対談、ツル役の木野花へのインタビューを掲載している。

(c)2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ

コミックナタリーをフォロー