コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「エウレカセブン」新ビジュアル解禁、レントンら登場キャラも明らかに

1084

劇場アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の新たなビジュアルが公開。手をつなぎ扉から飛び出すアネモネとエウレカがデザインされている。

併せて本作に登場するレントン、ドミニク、ミーシャ・ストラヴィンスカヤ、ソニア・ワカバヤシらのキャラクター設定やストーリーも解禁された。また本作の主題歌が、メジャーデビューが決定している現役中学生アーティスト・RUANNの「There’s No Ending」に決定。RUANNは本楽曲について「アネモネの“孤独”に対して強く向き合い不安の中の期待を上手く表現したいと思いこの曲ができました」とコメントを寄せた。

「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」は、2005年から2006年にかけて放送されたTVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を新映像を交え再構成した劇場版3部作。2作目となる本作では、7年前に父を亡くし、人類の敵“エウレカセブン”と戦う組織・アシッドの一員となったアネモネを中心に物語が展開される。

RUANNコメント

主題歌の担当に決まったときの気持ち

友達など周りの人たちがエウレカセブンの話しをしていて、エウレカセブンのことは知っていたので、主題歌を担当できると知った時、驚きと楽しみでいっぱいでそこからワクワクしながらTVシリーズの「エウレカセブン」を観ていました!!そしてその日はアネモネのことだけを考えながらお家で1日中曲を考えたりしていたので、「楽しみっ!」という気持ちでいっぱいでした。

主題歌「There’s No Ending」 に込めた想い

今回の「ANEMONE」はハイエボリューションの3部作の丁度真ん中なので、まだ終わらないこの物語はいつまでも続く=“終わる”という事ではない!ので「There’s No Ending」というタイトルが先に思いつきました。そしてアネモネの“孤独”に対して強く向き合い不安の中の期待を上手く表現したいと思いこの曲ができました。

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」

2018年11月10日(土)より全国ロードショー

スタッフ

監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一

キャスト

小清水亜美、名塚佳織

(c)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー