コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「転スラ」ヴェルドラがかわいい?花守ゆみりが暴風竜の“ヒロイン力”を力説

284

川上泰樹・伏瀬原作によるアニメ「転生したらスライムだった件」の先行上映会が、去る9月17日に東京・新宿バルト9にて開催された。

第1話、第2話の上映後に実施されたトークショーにはリムル役の岡咲美保、シズ役の花守ゆみり、ベニマル役の古川慎、シオン役のM・A・O、ソウエイ役の江口拓也が登壇。最初の挨拶では岡咲の発した「こんにちは、こんばんは、初めまして」というフレーズを気に入ったキャストたちが、全員それを真似て挨拶するなど和やかな雰囲気でトークがスタートする。

はじめに作品の感想を聞かれた花守は、暴風竜ヴェルドラの“ヒロイン力”を見どころとしてあげる。「前野智昭さん演じるヴェルドラがかわいい」と話すと、隣にいた岡咲も同意し、見た目のカッコいいヴェルドラの少しコミカルな演技について2人で盛り上がる。

自身の演じるキャラクターを紹介するパートでは、古川がベニマルを「忠義の武士」と解説。「リムル様に対する忠誠の熱さと、懐の深さがカッコいい。演じるたびに好きになるキャラクター」とその魅力を語る。続くM・A・Oは「シオンが(リムルを)抱えると(胸がリムルの)上に乗っかるんですよね。そこが映し出されるたびにいいなあと思っています」と、リムルのことが大好きなシオンのスタイルに言及し笑いを誘う。

イベントでは、異世界にスライムのリムルとして転生してしまうサラリーマン・三上悟役を、本作のオープニングテーマも歌唱する寺島拓篤が担当することを発表。寺島からのコメントを岡咲が読み上げる場面では、紙に書かれた寺島からの「ここで岡咲さん一言」というアドリブの要求にも、岡咲が三上の転生後を演じることから、「寺島さんの姿を思い浮かべながら演じましたよ!」と、元気にコメントを返した。

アフレコの雰囲気を聞かれた江口はその様子を「岡咲ワールド」と表現。それを聞いた岡咲が少し慌てる中、「初主演とは思えない空気の作り方。ワイワイと楽しく収録させてもらっています」と称賛の言葉を送っていた。

トークショーの合間にはエンディングテーマを担当するTRUEも登場。主人公・リムルのように「誰にも負けない強い曲にしたいと思い制作した」というアップテンポな楽曲「Another colony」を披露し会場を盛り上げる。

最後の挨拶では岡咲が、原作も人気の作品で主役を務めることに不安があったと明かし、「こうして先行上映会を迎えられたことに、時の流れの早さを感じます」とコメント。続けて、「アニメはこれから話も進んで、キャラクターもさらに登場して面白いものになっていくので、ぜひぜひ観ていただきたいと思います」と作品をアピールしイベントは幕を閉じた。

10月1日よりTOKYO MXほかにて放送される「転生したらスライムだった件」は、通り魔に刺されて死んだ会社員・三上悟が異世界にスライムとして転生したことから始まるファンタジー。原作小説は小説投稿サイト・小説家になろうで発表され、アニメの原作となるコミカライズ版は月刊少年シリウス(講談社)にて連載中だ。

アニメ「転生したらスライムだった件」

放送情報

TOKYO MX:2018年10月1日(月)より 毎週月曜24:00~
BS11:2018年10月1日(月)より 毎週月曜24:00~
tvk:2018年10月1日(月)より 毎週月曜25:00~
MBS:2018年10月2日(火)より 毎週火曜27:30~

スタッフ

原作:川上泰樹・伏瀬・みっつばー『転生したらスライムだった件』(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督:菊地康仁
副監督:中山敦史
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:江畑諒真
モンスターデザイン:岸田隆宏
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:エイトビット

キャスト

リムル:岡咲美保
大賢者:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
シズ:花守ゆみり
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
クロベエ:柳田淳一
リグルド:山本兼平
リグル:石谷春貴
ゴブタ:泊明日菜
ランガ:小林親弘
カイジン:斧アツシ
トレイニー:田中理恵
ミリム:日高里菜
三上悟:寺島拓篤

(c)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

コミックナタリーをフォロー