コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

少女の危険な遊びを描く、岡田索雲の新連載「メイコの遊び場」アクションで始動

150

「メイコの遊び場」より。

「メイコの遊び場」より。

岡田索雲の新連載「メイコの遊び場」が、本日9月18日発売の漫画アクション19号(双葉社)でスタートした。

「メイコの遊び場」は昭和48年を舞台に、不思議な目を持つ少女・メイコの“危険なお遊戯”を描く作品。メイコはその不思議な目の力を使って、お父ちゃんとある“仕事”をしながら過ごしていた。第1話ではそんなメイコが公園に1人でいたところ、近所のガキ大将・アスマに「一緒に遊ぶか?」と声をかけられる。メイコはアスマの友達たちと、いろいろなじゃんけんをして遊ぶが……。

そのほか今号では、村上たかし「コタおいで」が完結。こうの史代「この世界の片隅に」の再録連載も最終回を迎えた。次号では水瀬マユの新連載「いとなみいとなめず」がスタートする。

コミックナタリーをフォロー