コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫は明治維新をどう描いたのか?「陽だまりの樹」をメインにした特別展

197

「萩博物館 明治維新150年特別展」の第1弾として「手塚治虫が描いた明治維新」と題した特別展が、9月15日から10月14日まで山口県・萩博物館にて開催される。

明治維新から150年の節目であり、手塚治虫生誕90周年となる本年。会場では江戸から明治への日本の変革期を題材とした手塚の作品「陽だまりの樹」をメインに、マンガ原稿や作品中に見られる医師の治療器具などを、萩博物館の収蔵資料をもとにして展示していく。また特設ブースでは「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「ブラック・ジャック」といった作品の登場キャラクターを紹介。さらに9月15日には、手塚るみ子による「娘が語る父・漫画家『手塚治虫』」と銘打ったトークショーも行われる。

「手塚治虫が描いた明治維新」

会期:2018年年9月15日(土)~10月14日(日)
会場:萩博物館
観覧料:大人510円、高校・大学生310円、小・中学生100円
企画協力:手塚プロダクション

コミックナタリーをフォロー