コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「プリキュア」上映会、水樹奈々が“こぶしパンチ”にハートキャッチらしさ感じる

283

「『プリキュア』感謝祭上映会 vol.3」の様子。左から水樹奈々、小清水亜美、福圓美里。

「『プリキュア』感謝祭上映会 vol.3」の様子。左から水樹奈々、小清水亜美、福圓美里。

テレビアニメ「プリキュア」シリーズの15周年を記念したイベント「『プリキュア』感謝祭上映会 vol.3」が、本日8月26日に東京・丸の内TOEIで開催された。

イベントでは「映画 ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?」「映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」「映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」の3本を上映。「映画 ハートキャッチプリキュア!」の上映後には、花咲つぼみ / キュアブロッサム役の水樹奈々、プロデューサーの梅澤淳稔、同じくプロデューサーの若林豪が登壇してのトークショーが行われた。

3人は事前に実施された「印象的なシーン」についてのアンケートを元に制作された特別映像を鑑賞しながらトークを進めていく。「ハートキャッチプリキュア!」第1話「私、変わります!変わってみせます!!」を挙げた水樹は「最初の変身はやっぱり印象に残っている」と話し、現場ではリハーサルで初めて映像を観てアフレコに臨んだと当時を振り返り「その瞬間に生まれる新鮮な気持ちを声に乗せていくので、いつ観ても躍動感のある演技になっている」と裏話を披露した。

プロデューサーの若林は同32話「イケメンさんと対決?そんなの聞いてないです~!!」に、こころの大樹役で出演した鶴ひろみの名前を出し、アフレコ後に鶴から「この役すごく大事な役でしょ、だからすごい緊張しちゃった」と話されたことを明かす。若林は「ひと言だけのセリフにも全力で取り組んでくださって、真剣に役に向き合ってくれていた」と鶴の人となりに感激したことを懐かしんだ。梅澤は「何かあったときは鶴に連絡してよく仕事をお願いしていた。鶴の思いも受けていい作品ができたと思う」と昨年亡くなった同い年の盟友への思いを語った。

同最終話「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」の話題では、水樹が「攻撃するときの『くらえこの愛』ってセリフを見たときに、やられたと思った」と感想を語る。さらにつぼみが「こぶしパンチ」のかけ声で敵を攻撃することに触れ、「ぐっと来たときにちゃんとハートキャッチらしさが出る。ただカッコいい、美しいだけで終わらせないのが『ハートキャッチ』。そこに心を鷲掴みにされるポイントがあったんじゃないかな」と作品を評すると、観客からは笑い声と大きな拍手が沸き起こった。

続けて行われた舞台挨拶ではまずはゲスト全員が壇上に集合。再度の登場となった水樹は「時間が経った今でも、応援してくれている人がいる。このあいだも現場で、中学生の子に『観て育ちました』と言ってもらえてすごくうれしかった」というエピソードを披露する。

「スイートプリキュア♪ 」に北条響 / キュアメロディ役で出演した小清水亜美は「15年かあ」と「プリキュア」の歴史に感慨をにじませ、「それでも変わらないものもある。さっきも楽屋でもりもりおにぎりを食べました」と食欲旺盛な響に絡めて話し、笑いを誘う。「スマイルプリキュア!」で星空みゆき / キュアハッピー役を演じた福圓美里は「私が入ったときもすでに歴史は長くて、新参者として参加することに身が引き締まる思いだった」と当時を振り返り、「新しいプリキュアの子たちの話を聞くと、娘・孫・ひ孫ができたような気持ちになる」と歴史あるシリーズならではの感想を述べていた。

なおコミックナタリーでは、トークパート第2部、第3部の模様も追ってレポートする。

コミックナタリーをフォロー