コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「トネガワ」森川智之らが“制裁”受け土下座披露、羽多野渉にはケツバット

501

テレビアニメ「中間管理録トネガワ」のイベント「帝愛ファイナンス債務者集会 in 汐留」が、本日8月19日、東京・日本テレビで行われている「超汐留パラダイス!-2018 SUMMER-」の野外特設ステージにて開催された。

イベントにはトネガワ役の森川智之、山崎健二役の羽多野渉、佐衛門三郎二朗役の島崎信長、菊地役の青柳尊哉、西口冴子役の前田玲奈に加え、日本テレビアナウンサーの梅澤廉、伊藤遼、伊藤大海が進行役として参加。劇中の黒服にちなんでサングラス姿で登場したキャスト陣だが、黒服役でない森川は「なんでトネガワもサングラスなの!?」と首をかしげる。

サングラスをかけたまま、出演者たちは本作の見どころについて述べていくことに。まず森川は「トネガワの声がトム・クルーズってことですかね」と自身が吹き替えを担当する海外俳優の名前を出し、会場の笑いを誘う。続けて「トネガワは中間管理職ということで不条理な部分もたくさんあるんですが、そこを笑って見てほしい」と呼びかけながら、自身が声優事務所の代表取締役を務めていることに触れ「実際はどっちかっていうと兵藤に近いかな」と話した。

また羽多野は「山崎健二は黒服のリーダー的役回りなんですけど、序盤はトネガワのことを内心信用しきれてなかったんです。それがトネガワの開いた“圧倒的バーベキュー”でお肉をいただき、一気に印象が変わりまして(笑)。皆さんも『私の会社の上司にトネガワさんを!』って確実に思うぐらい、トネガワさんの優しさだったり、黒服とのやりとりがすごくいいんです」と魅力をアピール。その言葉を隣で聞いていた森川は、「お肉の力って素晴らしいんですね。俺もそうしよ」と真剣な顔で頷いた。

島崎は「佐衛門は黒服の中で若手なんですけど、よく見ると全部彼がやってるんですよ! 限定ジャンケンも佐衛門が考えたし、実はかなり働いてるということを知ってほしい」とコメント。進行役に「真面目な佐衛門にキャスティングされたのは、実際に普段の性格がそうだからという声がありますが……」と質問されると、島崎は「そうそう、真面目で有能で佐衛門のようにチームを引っ張っていくような仕事をしてます……と言えるわけありますか!」とノリツッコミで返答。そんな中、森川は「(島崎は)原作が大好きなんですよ! だから取材とかの場ではかなりみんなの力になってくれます」と言葉を添えた。

普段俳優業をしている青柳は、「僕の役割は、いい意味での違和感を与えること」と言及。またアフレコについて「そうそうたるキャストがいて、ブースの中でどの席に座ればいいかわからなかった。俺の『ざわ…ざわ…』がすごかったです」と振り返る。まだアニメに自身の役が登場していない前田は「出るまで待ってほしい!」と観客にお願いし、「まだ収録にも参加していないんですが、これまで男性声優が多い現場に入ったことはないので『ざわ…ざわ…』してます」と緊張の面持ちを見せた。

中盤にはキャストやスタッフ、原作の福本伸行を含むメンバーで先日バーベキューをしたエピソードも飛び出す。バーベキューの後は2次会も行われたそうで、それに参加した青柳は「福本先生は竹原ピストルを歌われて、ご機嫌で帰られました。『これか! 兵藤会長との付き合いというのは!』と思いましたね」と冗談めかして明かした。

またイベントでは森川チームと羽多野チームに分かれ、顔の一部分が隠れたキャラクターを見て、それが誰か当てる「帝愛愛クイズ」に挑む一幕も。負けたチームには“制裁”が待ち受けているということで、キャスト陣はサングラスを外して真剣にパネルを見つめる。結果、負けてしまった羽多野チームは、日本テレビ制作によるバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズでおなじみの罰ゲーム・ケツバットを受けることに。なぜか意気揚々とお尻を差し出した羽多野だったが、棒で叩かれると膝から崩れ落ち見事なリアクションを見せていた。

さらに森川と羽多野、島崎と青柳の2チームで、「超☆汐留パラダイス!」で販売されているかき氷の早食い対決をするコーナーも実施。このかき氷は、年間1000種類ほどアイスを食べ、“アイスフェアリー”を自称する前田が監修をしたという。いちご味のかき氷が気に入り、対決が終わっても食べ続けた島崎は前田から高評価を獲得。対決は島崎チームが勝利したが、なぜか罰ゲームは全員で受けることに。キャスト陣は制裁として“焼き土下座”にちなんだ土下座を、「笑点」の座布団の上で披露した。

終盤、森川はアニメの「ざわ・・ボイス」に沢城みゆきが参加することを明らかに。また今回共演した日テレアナウンサーの3人に「アニメの収録に参加してほしい」と依頼し、大のアニメ好きだという伊藤遼を感激させた。最後に森川は観客に「債務者の皆さん、本日はありがとうございます。これからアニメはもっと盛り上がって行きますし、面白いエピソードもたくさん控えてますので楽しんでください」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

※島崎信長の崎は立つ崎が正式表記。

(c)福本伸行・萩原天晴・三好智樹・橋本智広/講談社・帝愛グループ 広報部

コミックナタリーをフォロー