コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

乙女誌シルフ月刊化、オノDストラップなど響・連続付録

1

これまで隔月刊にて発行されてきたシルフ(アスキー・メディアワークス)の月刊化が決定した。5月22日発売の7月号より、発売が毎月22日へと変更される。

月刊化にあたり新連載と新企画も目白押し。7月号からはひらく椥によるTVアニメ「薄桜鬼」のコミカライズと、ぺぷ「白アリッッ(仮)」がスタートする。さらに3号連続でアニメ「薄桜鬼」小冊子を付録。8月号からは氷堂涼二「空から!マイ☆NANNY」と、山本佳奈のオリジナル新連載がスタートする。9月号からは十峯なるせが、さらに夏ごろには左近堂絵里が登場。他にも時期は不明だが片瀬わか、小杉繭、藤谷陽子が登場する予定だ。

またひとつのコンセプトから派生したテーマに沿って、様々な作家がイラストやマンガを描く「テーマアンソロジー企画」も7月号よりスタートする。第1弾コンセプトは「擬人化」で、7月号のテーマは「動物」。その後も「乗り物」「食べ物」「無機物」「地理・天体」など、用意された計5つのお題が毎月ひとつずつ展開される。

月刊化となる7月号表紙は、シルフの看板作品である諏訪勝原作・いわさき砂也作画「Dear Girl~Stories~響」が飾る。7月号には声優・神谷浩史をモデルとしたキャラクター「ヒロC」のマスコット付きストラップが、8月号には声優・小野大輔をモデルとした「オノD」のマスコット付きストラップが、9月号には「黒にゃーさんミラー付きマスコット」と3号連続で「響」の付録が付いてくる。

コミックナタリーをフォロー