コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ギャングース」タタキ稼業に奔走する高杉真宙ら3人組捉えた特報映像

224

肥谷圭介・鈴木大介原作による実写映画「ギャングース」の特報映像が公開された。

特報映像は、高杉真宙演じるサイケ、加藤諒演じるカズキ、渡辺大知演じるタケオら窃盗団“ギャングース”の解説からスタート。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごした3人が生き抜くため、犯罪者のみをターゲットにした“タタキ(窃盗、強盗)”稼業に奔走する姿が映し出された。またサイケたちと半グレ集団との格闘シーン、MIYAVI演じる犯罪営利組織“六龍天”のトップ・安達の怪演も披露されている。

さらに合わせて解禁されたポスタービジュアルでは、傷だらけの3人が肩を組み合って笑みを浮かべる姿がお目見えした。

「ギャングース」は、生まれたときから親に虐待され続け、ろくに学校も行けずに少年院で共に過ごした少年3人を描く物語。11月に全国公開される。

映画「ギャングース」

2018年11月公開
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社モーニングKC所載)
監督:入江悠
脚本:入江悠、和田清人
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン

キャスト

高杉真宙加藤諒渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、伊東蒼、山本舞香、芦那すみれ、勝矢、般若、菅原健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI

(c)2018「ギャングース」FILM PARTNERS(c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

コミックナタリーをフォロー