瀬戸内海の小さな島で、少女と2人暮らし…「ぱすてる」の小林俊彦が描く新連載

187

小林俊彦による新連載「青の島とねこ一匹」が、本日7月17日発売のヤングチャンピオン烈No.8(秋田書店)にてスタートした。

「青の島とねこ一匹」扉ページ

「青の島とねこ一匹」扉ページ

大きなサイズで見る(全6件)

「ぱすてる」の小林俊彦が描くのは、瀬戸内海の小さな島・凪島を舞台にした物語。かつて世話になった白神先輩の家に下宿しながら教師として働くため、島にやってきた青年・中村草太。船着き場で草太はなぜか自分のことを知っている少女・青に話しかけられ、彼女が白神先輩の娘だということが発覚する。青の成長に戸惑う草太に、青はさらに「お父さん……どっか行っちゃいました!!」と驚きの事実を告げ、2人の島での生活が始まる。

この記事の画像(全6件)

小林俊彦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 小林俊彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。